The Motley Fool

百万長者への道を確かなものにする5つの条件

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021315日投稿記事より

百万長者になるには、宝くじに当たるか巨額の現金を相続するしかないと思うかもしれませんが、可能性は小さいでしょう。

そんなことを考えるよりも、貯蓄や投資を次のように変えるだけで、百万長者への入り口にたどり着ける可能性があります。

若いうちに始める

貯蓄や投資を若いうちに始めることは、百万長者に近づくための最良の方法です。

貯蓄できるお金を投資に回せば、複利効果で資産は飛躍的に成長するでしょう。

25歳から毎年5,250ドルを貯蓄し、年率平均10.3%のリターンで運用できれば、55歳になるまでに資産は100万ドルを超えます。

このリターンは、株式100%のポートフォリオで実現できます。株式100%のポートフォリオは若年世代向きであり、退職が近づくにつれ株式エクスポージャーを着実に低下させるのが賢明でしょう。

ボラティリティが低下し恐らくリターンも低くなりますが、リターンの減少分は年間の貯蓄額を見直すことで補えます。

それまでの貯蓄額、百万長者になるために必要な残りの年数とリターンを考慮して、投資額を計算します。

継続して貯蓄する

将来の資産額を予測するには、毎年継続して貯蓄することが前提になります。

実際のリターンは毎年変動します。利益が大きい年も、損がでる年もあります。

今後の成長の予測にはこれらのリターンの平均を用います。

リターンが最高の1年に投資ができなかったとすると、最終的な資産額も変わってきます。

例えば過去10年間に大型株に投資していたとすると、年率平均リターンは14.5%です。

しかしリターンが32.4%だった2013年に投資しなかったとすると、年率平均リターンは3ポイント超低い11.25%となります。

貯蓄ができない年も、1年や2年はあるかもしれません。

貯蓄できない期間が長くなるのであれば、目標貯蓄額に向けて再計算し今後の投資額を調整することが重要です。

支出をチェックする

資産を増やすには貯蓄だけでなく、毎年の支出も同じように重要です。

昇給分で貯蓄額を増やそうというのではなく、支出の削減も年間目標貯蓄額を達成する方法の1つとなります。

この場合、予算を立てて毎月の支出を入念にチェックすることから始め、欲しい物と必要な物を切り分けます。住宅ローンや家賃などは必要不可欠ですが、旅行や娯楽を減らせば貯蓄に回せます。

賢く投資する

過度に保守的なポートフォリオでは必要な期間に十分に資産を増やせず、積極的すぎるポートフォリオは、相場の荒波を乗り切れないかもしれません。

資産配分においては、リスク許容度やボラティリティを考慮するべきです。

時間軸を考慮し過去の相場変動にどう対処したかを簡単に自問してみることで、目標達成に最適な投資の仕方が分かるでしょう。

定期的に実績を検証する

長期的に株価は上昇基調にありますが、必ず波はあります。

リスクを分散し多様なクラスの資産でポートフォリオを構成しても時間の経過で変化するため、当初の資産配分に再調整しなければリターンは想定を下回る可能性があります。

リーマンショック時の2008年は大型株が冴えない一方、信用格付が投資適格の債券価格が上昇したため、株式60%/債券40%で構成されたポートフォリオは、株式47.3%/債券52.7%に変化したことになります。

これをそのままの比率にしておくと、翌年株価が上昇したことにより、リターンは想定したリターンを下回ることになります。

少なくとも1年に一度は口座を検証し、ポートフォリオ変更の必要がないかを確認することで、このような事態を避けることができます。

また目標に向けた進捗状況を把握することができ、軌道を外れた場合はこのような確認作業が元に戻るために有効です。

百万長者になるのに必要なのは運の良さではなく、時間、継続性、我慢強さなのです。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事