The Motley Fool

【米国株動向】ネットワーク機器のアリスタとジュニパーを比較検討

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、202131日投稿記事より

筆者は昨年10月に、クラウドネットワーク機器メーカーのアリスタ・ネットワークス(NYSE:ANET)とジュニパー・ネットワークス(NYSE:JNPR)を比較し、アリスタの売上総利益率の高さ、将来を見据えた経営戦略に注目しました。

その後アリスタの株価が40%近く、ジュニパーの株価は約20%上昇しました。本稿では、依然としてアリスタが有望かどうかを検証します。

両社の異なる点

アリスタが提供するのは、受信データの宛先に従って、接続された機器にデータを転送するネットワークスイッチと関連するソフトウェアサービスだけです。

同社のスイッチは、ソフトウェアを制御して動的で柔軟なネットワークを構築するソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)ソリューションを組み合わせることで旧来のルーターに置き換わり、EOSと呼ばれるプラットフォームによって強固な顧客基盤を築いています。

ジュニパーはシスコ(NASDAQ:CSCO)と同様に、やや伝統的なスイッチやルーターのメーカーです。

同社もSDNソリューションを提供し、大規模クラウド企業向けに多くのハードやソフトウェアを供給しています

調査によれば、2020年第3四半期のイーサネットスイッチ市場におけるアリスタのシェアは6.4%と、前年同期の7.6%から低下しました。

同期間のジュニパーのスイッチ市場でのシェアも3.2%から2.7%に低下しましたが、企業やネットワークサービスプロバイダー向けルーター市場では10.9%から11.8%に上昇しました。

ネットワーク機器で世界最大手のシスコの第3四半期のシェアはスイッチ市場で49.9%、ルーター市場では35.5%でした。

中国の大手ファーウェイのシェアはスイッチ市場で10.4%、企業やサービスプロバイダー向けルーター市場で28.3%でした。

どちらが急回復しているか

アリスタの2020年度の売上高は、前年度を4%下回る23億2,000万ドル、調整後売上総利益率は64.1%から63.9%に低下し、調整後1株当たり利益(EPS)は7%減少しました。

同社は減収の最大の要因として、パンデミックにより昨年前半を通じてネットワークの更新が中断したことを挙げます。第4四半期には売上高は前年同期比17%増と、四半期売上高として増加に転じ、調整後EPSも8%増でした。

アリスタは、2021年第1四半期の売上高は前年同期比20~22%増と、回復基調が続くと予想しています。

アナリストコンセンサスの通期予想では、売上高が前期比16%増、EPSは同11%増です

同社は企業向け売上高の回復、特にマイクロソフトなどのクラウドトップ企業向け売上の寄与と、利益率の高いソフトウェアや関連サービスの売上構成比の上昇を見込んでいます。

また個別システムでのデータ管理から、シームレスなクラウド環境への長期的な移行は、同社のSDNソリューションの需要を拡大させるでしょう。

ジュニパーの2020年度売上高は、前年度比横ばいの44億5,000万ドルでした。

アリスタ同様、パンデミックによる逆風に晒されたためです。

売上総利益率は58.9%から57.9%に低下し、パンデミック期の調達・輸送コストの増加が利益率の高いソフトウェアの売上成長を打ち消しました。

調整後EPSは前年度比10%減少しました。

ジュニパーは、第1四半期売上高を前年同期比約6%増加、調整後EPSを予想中央値で同8%増と見込んでいます。アナリストコンセンサスの通期予想は、前年度比4%増収、同7%増益です。

同社も旧来のサービスプロバイダー向け製品の需要鈍化をカバーするため、クラウド対応機器・サービスに戦略を転換しています。

クラウド事業は2年連続の拡大となりましたが、長期的には400G(次世代のクラウドインフラストラクチャ)や5G(次世代の移動通信システム)などの新市場が、製品・サービス需要を牽引すると見ています。

株価バリュエーション・配当

執筆時点でアリスタの予想株価収益率(PER)は25倍と、ジュニパーの13倍を2倍近く上回ります。

アリスタは無配の予想ですが、ジュニパーの予想配当利回りは3.4%、シスコは3.3%です。

成長力の強さ、利益率の高さ、ハードウェアとソフトウェアを利用したルーティング(経路選択)での革新的な長期トレンドを考慮すれば、2銘柄では依然としてアリスタに軍配が上がりそうです。

【米国株動向】アリスタ・ネットワークスの購入を検討すべきか

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。マイクロソフトの子会社LinkedInの従業員であるTeresa Kerstenは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Leo Sunは、シスコ・システムズ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アリスタ・ネットワークス株、マイクロソフト株を保有し、推奨しています。
最新記事