The Motley Fool

【米国株動向】2021年にウォーレン・バフェットでさえ購入したいと思われる2つのマリファナ銘柄

出典:Motley Fool

モトリーフール米国本社、2021221日投稿記事より

マリファナ企業は、ウォーレン・バフェットが望むような投資先とは正反対だと思われます。

マリファナ企業は通常不採算であり、競合が複製できる製品も多く、多くの場合は負債を抱えています。

さらに、マリファナを栽培するために必要な機器と従業員に多額の費用を費やしており、マージンを守るために十分な参入障壁(モート)を持っている企業などほとんどありません。

さらに、これらの銘柄の株価は非常に不安定です。

しかし、少なくとも一部のマリファナ企業は、典型的なバイ・アンド・ホールドスタイルのバフェット銘柄になることができるでしょう。

最終的にバフェット銘柄に適合する可能性がある銘柄として、以下の2つを上げることが出来ます。

すでにバフェット銘柄のキャノピー

大手ビール会社のように運営されているマリファナ企業を想像してみてください。

消費者が忠実である強力なブランド、一貫した売上高、予測可能な売上原価と資本支出、広く効率的な流通、市場シェアを維持するための研究開発(R&D)への投資が少なくて済むような企業です。

キャノピー・グロース(NASDAQ:CGC)はこの理想形に向けて順調に進んでいます。

キャノピーのカンナビジオール(CBD)ウェルネス製品は、わずか数か月前に発売されたにもかかわらず、他の多くのCBDブランドよりも多くの売上を生み出しており、米国で大ヒットしています。同様に、キャノピーとコンステレーション・ブランズとのコラボレーション製品のCDBスポーツ飲料、BioSteelはキャノピー製品の流通を支援しています。

アメリカの上位4つのスポーツリーグ(MLB、NBA、NFL、NHL)のスポーツチームの70%が、BioSteel製品を購入しており、将来的にはマリファナ製品を購入する可能性があります。

BioSteelや他のCBD製品は、消費者がブランドに親しみを持っていることを確認するにはまだ早いですが、これまでの肯定的な反応を確認すると良いスタートを切っていると言えるでしょう。

キャノピーは財政的にはバフェット銘柄になる方向に向かっています。

経営陣によると、2023年度には資本支出は純売上高の約5%で安定するとのことです。

また、直近の四半期の販管費(SG&A)は前年比15%減となり、R&D費は33%減となっています。

営業利益が一貫して上昇しているおかげで、2年後には最終利益を達成できるでしょう。

純利益に転じた頃からバフェットは投資を考慮し始めるかもしれません。

しかし、より積極的な投資家であれば、現時点で投資を検討するのに十分よい銘柄といえます。

アフリアには必要なものが揃っている

アフリア(NASDAQ:APHA)はブランドに関してキャノピーと同様の道筋を辿っています。

マリファナ飲料からクラフトビール、CBDウェルネス製品まで様々な製品を提供し、流通網を効率よく活用しています。

過去6四半期の調整後利益がプラスであったことを考えると、財務的にも良好な状態にあります。

長期債務はゆっくりと減少しており、今後5年でほぼ全額返済される予定です。

そして、2020年に大幅に改善された後、プラスのフリーキャッシュフローを達成できるようになりました。

また、アフリアとティルレイの合併が予定されています。

これらを合併させることで、ティルレイのヨーロッパ施設を活用して、栽培コストを積極的に削減できるようになります。

これらの施設のおかげで、合併後の会社は関税を負担することなくEUのマリファナ市場にアクセスできるようになり、コストがさらに削減されます。

この取引によって合併が完了してから2年で約7,800万ドルの重複コストが削減でき、マーケティングと販売に集中できるようになります。

バフェットが保守的であることを考えると、おそらく投資する前に合併後企業の数四半期分の業績を確認するでしょう。

これは他の投資家も確認すべきものです。

特に、合併後企業の売上高が成長しているかがポイントです。

バフェットが最も重要視しているのは安定した成長です。

【米国株動向】驚異的な成長を遂げる注目のグロース株3銘柄

フリーレポート配信

短期的にはボラティリティが高い傾向がありますが、グロース株投資は長期の資産形成に最も寄与するといっていいでしょう。そういった成長株として注目できる5銘柄紹介します。

長期成長株投資で注目の米国株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Alex Carchidiは、アフリア株を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)、コンステレーション・ブランズ株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2023年1月の200ドルのロング・コール、2023年1月の200ドルのショート・プット、2021年3月の225ドルのショート・コール)。

最新記事