The Motley Fool

【米国ヘルスケア・セクターETF】最新パフォーマンス・ランキング2021年2月

出典:Getty Images

ヘルスケア・セクターは、一般的に景気の後退局面においても業績悪化が少ない銘柄が多いセクターです。

そのために株価の下落が起こりにくいとされるディフェンシブ銘柄で構成されています。

昨年の新型コロナの世界的なパンデミックにより、各国の景気が大きく後退し、様々な企業が業績を悪化させました。

しかし、コロナショック後の株式市場は、米国株式市場を中心に急回復し、米国の代表的な株価指数は市場最高値更新を連発させる事態となりました。

そんな中で、米国ヘルスケア・セクターETFの直近1年のパフォーマンスによる上位3位までのファンドをご紹介していきます。

S&P 500セクター 2020年リターン 2019年リターン 過去10年

平均リターン

情報技術

Information Technology

42.2% 48.0% 18.9%
一般消費財

Consumer Discretionary

32.1% 26.2% 16.0%
通信サービス

Communication Services

22.2% 30.9% 5.6%
素材 Materials 18.1% 21.9% 6.6%
S&P500種株価指数 16.3% 28.9% 11.6%
ヘルスケア Health Care 11.4% 18.7% 13.8%
資本財 Industrials 9.0% 26.8% 9.6%
生活必需品 Consumer Staples 7.6% 24.0% 8.7%
公益事業 Utilities -2.8% 22.2% 7.2%
金融 Financials -4.1% 29.2% 8.6%
不動産 Real Estate -5.2% 24.9% 6.6%
エネルギー Energy -37.3% 7.6% -5.6%

(出典:advisor.visualcapitalist.comより筆者作成)

上記の表は、2020年のセクター別リターンを高い順にまとめたものです。

S&P500種株価指数をアウトパフォームしたのは、ITや一般消費財、通信サービス、そして素材の各セクターでした。

しかし、ヘルスケア・セクターは11.4%と、S&P500種株価指数の16.3%を下回る結果となりました。

ヘルスケア・セクターが伸び悩んだ主な理由は、新型コロナによるパンデミックによって緊急の場合を除き、病院での手術が減少したことによるものでした。

そのため、ペースメーカーなど医療機器メーカー各社の収益も大きく圧迫される結果となりました。

このようなヘルスケア・セクターですが、ここ数年はグローバルベースで同セクターのスタートアップ投資金額が急激に伸びています。

その中心はアメリカのベンチャーキャピタルで、中国やヨーロッパがアメリカに次いで同分野への投資を推し進めています。

特にコロナショック後の2020年3Qのグローバルベースのヘルスケア・スタートアップ投資は、急激な伸びを見せました。

1,539件のディール達成となり、合計218億米ドルという記録的な伸びとなっています。

また、米国内のヘルスケア・スタートアップ投資は、同じく2020年Q3で130億米ドルで四半期ベースで過去最高を記録し、同年Q2から21&もの伸びを示しています。

これらヘルスケア分野のスタートアップ投資は同年Q4 で少し減少しました。

しかし、2021年に入ってからも順調に数多くのディールをこなし、多くの資金がヘルスケア・セクターへと流れています。

今後数年内にIPOが順調に進めば、同セクター全体の時価総額の大きな押し上げ要因となり、同セクターはこれからの数年で非常に大きな伸びが期待されます。

ヘルスケア・セクターはヘルスケア機器・サプライ、ヘルスケアプロバイダー・サービス、バイオテクノロジー、製薬産業で構成されています。

とりわけ、ヘルスケア・セクターで急激な成長が期待できる分野がバイオテクノロジーです。

デジタルヘルスケア(Digital Healthcare)は、人工知能(AI)やチャットボット、IoT、ウェアラブルデバイス、ビッグデータ解析、仮想現実(VR)などのデジタル技術を医療に融合させた革新的な分野として、今後急激に拡大していく見込みです。

また、テルヘルス(Telhealth)は遠隔操作による診療や治療のことで、医療サービスが十分に行き渡らないエリアで大きな役割が期待されています。

同セクターの代表的な銘柄には、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ファイザー Inc. 、メルク&Co.Inc. などがあります。

直近1年の米国ヘルスケア・セクターETFベスト3は「CNBS」「ARKG」「YOLO」です。

それでは次に直近1年間のリターンが最も高かった上位3つのETFを順にご紹介していきます。

上位3銘柄は、Amplify Seymour Cannabis ETF (CNBS)、The ARK Genomic Revolution ETF(ARKG)、AdvisorShares Pure Cannabis ETF (YOLO)となりました。

今回取り上げるETFで特徴となっているのは、大麻関連株で構成されるファンドが含まれている点です。

尚、リターンについてはいずれのETFも、2021年2月26日現在のデータを基準としています。

Amplify Seymour Cannabis ETF (CNBS)

ファクトシート(2021年2月26日時点)

ファンド名 Amplify Seymour Cannabis ETF (CNBS)
直近1年の上昇率 184.07%
運用資産残高(AUM) 1億4,260万米ドル
経費率 0.75%
年間分配金利回り 0.35%
投資対象資産 小型ブレンド株(Small Cap Blend Equities)
投資対象セクター ヘルスケア(全般)
構成銘柄数 27銘柄
ベンチマーク 該当なし
投資対象国・地域 米国
上場市場 NYSE ARCA
ファンド運用開始日 2019年6月23日
運用会社 Amplify Investments

上位10銘柄(2021年2月26日時点)

構成銘柄名 ティッカー 保有比率
GW Pharmaceuticals PLC Sponsored ADR GWPH 11.12%
Aphria Inc APHA 9.01%
Village Farms International, Inc. VFF 8.69%
Canopy Growth Corporation WEED 8.56%
U.S. Dollar N/A 8.54%
Silver Spike Acquisition Corp Class A SSPK 8.29%
RIV Capital Inc Class A RIV 5.85%
Hydrofarm Holdings Group, Inc. HYFM 4.67%
Cronos Group Inc CRON 4.58%
Innovative Industrial Properties Inc IIPR 3.82%

セクター別構成比率(2021年2月26日時点)投資対象国・地域

セクター 構成比率
プロセス産業 Process Industries 29.65%
ヘルス・テクノロジー Health Technology 22.68%
金融 Finance 17.96%
流通サービス Distribution Services 14.29%
現金 Cash  8.54%
その他 Others  6.88%

投資対象国・地域比率(2021年2月26日時点)

投資対象国・地域 比率
カナダ 43.40%
米国 36.92%
イギリス 11.12%
その他  8.56%

(上記データ出典:etfdb.comより筆者作成)

CNBSは、大麻関連のグローバル株に投資するアクティブ型のETFです。

資産配分の少なくとも80%について、大麻や大麻の生産、および関連製品やサービスから全収益の50%以上を得ている企業に集中投資されているファンドです。

運用先となる大麻関連株は主に3つ分野に分かれています。

その分野には、大麻生産・製品開発・製造(医薬品・バイオテクノロジー、栽培・小売、大麻製品、大麻混入製品)、大麻生産・生産支援(農業技術、不動産、商業サービス)、さらに大麻関連ビジネス(消費機器・メカニズム、投資・金融、技術・メディア等)の三つに分類されます。

大麻については、医療用だけでなく、娯楽用についてもこの数年で大麻合法化の動きがいくつかの国で見られました。

カナダでは2018年6月に娯楽目的での大麻使用が合法化されています。

また、米国でも、大麻合法化の動きがありました。

米国では、昨年12月に下院で合法化大麻規制の権限を連邦政府から各州に移すという法案が可決され、実際に一部の州で合法化されています。

このようにここ数年で、大麻関連の銘柄株やETFにはいわば追い風ともいえる流れが見られ、今後は大きな注目が集まりそうなファンドです。

CNBSは小型ブレンド株に配分され、大型株を除き、中小型株やマイクロキャップに万遍なく投資しています。

上位10銘柄のうち、上位3つの個別銘柄には、GWファーマシューティカルズ、ビレッジ・ファームズ・インターナショナル社 、そしてアフィアがきています。

このうち、11.12%と最も組入れ割合の高いGWファーマシューティカルズは、英国のバイオ医薬品会社です。

様々な疾病治療薬である独自のカンナビノイド製品の開発と商業化という実績のある会社です。

現在、がんや神経痛の痛みや多発性硬化症を緩和させる口腔粘膜スプレー治療薬「サティベックス」を同社の主要医薬品として研究、開発中です。

GWPHの次に配分の高いビレッジ・ファームズ・インターナショナル社は、カナダの野菜生産事業者です。

遺伝子組み換えをおこなわない栽培を手掛け、米国やカナダでピーマンやトマト、きゅうりの温室栽培をおこなっています。

YOLOは同銘柄の筆頭株主となっており(2021年2月26日現在)、今回取り上げたAmplify Seymour Cannabis ETF (CNBS)も同社の銘柄を8.69%保有する大口投資家となっています。

さらにカナダの医療用および娯楽用大麻製造会社であるアフリアは、温室栽培による医療用大麻の製品化を手掛けています。

医療用大麻生産ライセンスを所有し、100%温室で栽培される高純度の医療用乾燥大麻から抽出・精製された大麻油を製品に活かしています。

また、カプセル経口液剤、注射器および吸入器などの製品も製造する会社です。

The ARK Genomic Revolution ETF(ARKG)

ファクトシート(2021年2月26日時点)

ファンド名 The ARK Genomic Revolution ETF(ARKG)
直近1年の上昇率 177.00%
運用資産残高(AUM) 114億米ドル
経費率 0.75%
年間分配金利回り 0.73%
投資対象資産 マルチキャップ・グロース株

(Multi-Cap Growth Equities)

投資対象セクター ヘルスケア(バイオテック)
構成銘柄数 58銘柄
ベンチマーク 該当なし
投資対象国・地域 米国
上場市場 NYSE ARCA
ファンド運用開始日 2014年10月31日
運用会社 ARK Investment Management LLC

上位10銘柄(2021年2月26日時点)

構成銘柄名 ティッカー 保有比率
Teladoc Health, Inc. TDOC 8.43%
Pacific Biosciences of California, Inc. PACB 5.71%
Twist Bioscience Corp. TWST 4.54%
Exact Sciences Corporation EXAS 4.39%
Regeneron Pharmaceuticals, Inc. REGN 4.18%
Roche Holding Ltd Sponsored ADR RHHBY 3.80%
CareDx, Inc. CDNA 3.73%
Fate Therapeutics, Inc. FATE 3.62%
Novartis AG Sponsored ADR NVS 3.50%
Vertex Pharmaceuticals Incorporated VRTX 3.41%

セクター別構成比率(2021年2月26日時点)投資対象国・地域

セクター 構成比率
ヘルステクノロジー Health Technology 71.52%
ヘルスサービス Health Services 14.08%
テクノロジーサービス Technology Services  9.72%
その他  4.68%

投資対象国・地域比率(2021年2月26日時点)

投資対象国・地域 比率
米国 99.77%
ヨーロッパ  0.20%
その他  0.03%

(上記データ出典:etfdb.comより筆者作成)

バイオ・テクノロジー分野に全体の7割以上もの資産配分をおこなっているのが、ARKGです。

マルチキャップ・ファンドで、組入れ銘柄の4割がミッドキャップ、さらに4割がスモールキャップとなっています。

そのため、ボラティリティが高く、ハイリスク・ハイリターンの銘柄選定といえるでしょう。

ARGKが投資している分野は、幹細胞研究、遺伝子編集、遺伝子治療、遺伝子検査、がんゲノム医療などで最先端の開発やサービス提供をおこなっているバイオテック成長株銘柄です。

組入れ銘柄のトップは、バーチャル・ヘルス会社のTeladoc Health Inc.で、遺伝子配列決定技術の設計・製造会社であるカリフォルニア社のパシフィック・バイオサイエンス、さらにバイオテクノロジー産業向けに合成DNAを製造するTwist Bioscience Corp. も買収してきています。

AdvisorShares Pure Cannabis ETF (YOLO)

ファクトシート(2021年2月26日時点)

ファンド名 AdvisorShares Pure Cannabis ETF (YOLO)
直近1年の上昇率 170.48%
運用資産残高(AUM) 4億5,380万ドル
経費率 0.75%
年間分配金利回り 1.37%
投資対象資産 マルチキャップ・ブレンド株

(Multi-Cap Blend Equities)

投資対象セクター ヘルスケア(全般)
構成銘柄数 銘柄
ベンチマーク 該当なし
投資対象国・地域 米国
上場市場 NYSE ARCA
ファンド運用開始日 2019年4月17日
運用会社 Advisor Shares

上位10銘柄(2021年2月26日時点)

構成銘柄名 ティッカー 保有比率
Village Farms International, Inc. VFF 14.93%
DERIVATIVE SECURITIES (OTHER) N/A 14.69%
MUTUAL FUND (OTHER) N/A 13.87%
GW Pharmaceuticals PLC Sponsored ADR GWPH 10.74%
Aphria Inc APHA 9.34%
Innovative Industrial Properties Inc IIPR 7.72%
Canopy Growth Corporation WEED 7.08%
GrowGeneration Corp. GRWG 4.76%
Arena Pharmaceuticals, Inc. ARNA 3.89%
Canopy Rivers, Inc. Class A RIV 3.09%

セクター別構成比率(2021年2月26日時点)投資対象国・地域

セクター 構成比率
その他 Others 28.56%
プロセス産業 Process Industries 26.38%
ヘルス・テクノロジー Health Technology 17.46%
流通サービス Distribution Services 14.93%
金融 Finance 11.30%
コンシューマサービスConsumer Services  8.54%
現金 Cash  6.88%

投資対象国・地域比率(2021年2月26日時点)

投資対象国・地域 比率
カナダ 45.96%
米国 43.62%
イギリス 10.42%

(上記データ出典:etfdb.comより筆者作成)

YOLOは、主に大麻関連株で構成される初の米国アクティブ運用型ETFです。

YOLOのセクター別構成比率を見ると様々なセクターに資産配分されていることがわかります。

しかし、基本的には大麻関連の株やファンドへのアクティブな長期的投資となっているETFです。

対象国別では、カナダと米国企業に集中しており、大麻株関連ETFとして代表的なETFMG Alternative Harvest ETFと同様、YOLOのポートフォリオには治療薬や大麻に特化した企業が数多く含まれています。

さまざまな時価総額を持つバリュー株とグロース株双方に投資するマルチキャップ・ブレンド株で構成されています。

上位10銘柄のうち、大麻関連となるデリバティブとミューチャルファンドを除いたファンドの3つの上位個別銘柄には、カナダの野菜生産事業者であるビレッジ・ファームズ・インターナショナル社 、英国のバイオ医薬品会社であるGWファーマシューティカルズ、そしてカナダの医療用および娯楽用大麻製品の生産者となるアフィアがきています。

この銘柄構成は各銘柄の比率こそ異なりますが、今回取り上げたAmplify Seymour Cannabis ETF と全く同じです。

このうち、GWPHの次に配分の高いビレッジ・ファームズ・インターナショナル社については、YOLOは同銘柄の筆頭株主となっています(2021年2月26日現在)。

同社の銘柄を8.69%保有する今回取り上げたAmplify Seymour Cannabis ETF と合わせて、ともに同社の大口投資家に名を連ねています。

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、モントキアラは、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事