The Motley Fool

【米国株動向】チャーリー・マンガーがSPACについて語ったこと

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年2月24日投稿記事より

伝説的な投資家でバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.B)(NYSE:BRK.A)の副会長であり、バフェットの片腕でもあるチャーリー・マンガーは「ウォール街で新規株式公開するための最もホットなトレンドである特別目的買収会社(SPAC)を好まない」と述べました。

彼は、デイリー・ジャーナル(NASDAQ:DJCO)の年次総会で「投資銀行は、SPACを売れる限り、SPACをひたすら売り続けるだろう」と述べました。

SPACは、IPOに伴う面倒なロードショーを回避するための方法として人気です。SPAC上場の推進者は「プロセスが簡単で、ベンチャー企業が資金調達をしやすくなる」と述べています。

しかし、マンガーは、SPAC上場はあくまでも裏口上場であり、素人投資家を利用して現金を引き出す方法であると信じています。

「この手法は、いつかなくなる必要があると思う。」とマンガーは述べました。

バフェットの右腕、チャーリー・マンガー氏とは…「第一部」

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Lou Whitemanは、ウェールズ・ファーゴ株、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2023年1月の200ドルのロング・コール、2023年1月の200ドルのショート・プット、2021年3月の225ドルのショート・コール)。

最新記事