The Motley Fool

【米国株動向】大麻関連でカナダのサンダイアルより有望な米国小型株3銘柄.

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021222日投稿記事より

この1年で最も活況だった大麻関連銘柄は、カナダのサンダイアル・グローワーズ(NASDAQ:SNDL)です。

最近、投稿サイト「レディット」の投資家が一斉に買いを入れ、株価は瞬間的に500%上昇しました。

執筆時点でも1年間の上昇率は223%です。

経営陣はこの機会を利用して、すぐに増資を実行し、2月4日開示の最新バランスシートの現金は6億1,000万ドルとなりました。

同社は実際、現金を必要としており、最近公表された第3四半期業績でも、減収かつ粗利益が赤字と散々でした。

しかし世界の大麻市場は盛上りを見せ、長期的な成長局面を迎えるということには間違いなさそうです。

このような新興の業種では、競争相手よりも成功する方法を見つけたり、規模が大きい企業によって買収されることにより、小型株からも大きなリターンを得られる可能性があります。

サンダイアルは苦戦していますが、投資家は、着実に成長し利益を拡大させている次の3つの米国大麻関連小型銘柄に魅力を感じるかもしれません。

テラセンド

テラセンド(OTC:TRSSF)は時価総額がほぼ44億ドルの米国企業ですが、背後にはカナダの大企業キャノピー・グロース(NASDAQ:CGC)がいます。

同社が事業を展開するペンシルベニア州、ニュージャージー州は、事業ライセンス数が制限され競争が限定的であるため、非常に魅力的です。

カリフォルニア州ではライセンス制限がなく規制も厳しいですが、規模が大きく投資する価値はあると見られます。

テラセンドは2月19日に、予想を十分に上回る2020年第4四半期決算見通しを発表し、株価は13%以上上昇しました。

売上高は前年同期比152%増、調整後利払い・税引き・償却前利益(EBITDA)率は第3四半期から5ポイント、第2四半期から16ポイント向上しました。

経営陣は2021年も売上高は100%近い増収、利益率の上昇と2020年の約1.5倍の利益を予想しています。

3桁の成長率は悪戦苦闘するサンダイアルとは対照的です。

ジュシ・ホールディングス

ジュシ・ホールディングス(OTC:JUSHF)の時価総額は18億ドルとテラセンドを下回りますが、事業はテラセンドを上回る7つの州で展開しています。

同社は、機を見てライセンス数や営業権を制限する州に参入するという明確な戦略を持っています。

人口が多い上に着実に増加し、ライセンスも制限されているペンシルベニアとイリノイの2州で中核的な地位を固めたほか、バージニア州では新規参入の1社であり、人口密度が高いバージニア北部で積極的な展開を計画しています。

現在、2つの法案がバージニア州議会上下両院を通過したことで、間もなく成人の大麻使用が合法化されそうですが、知事の承認を得る前に調整が必要になるでしょう。

カリフォルニア州では競争が激しいものの、ジュシは大麻製造を禁止する地域の隣に位置し、ライセンスを制限する非常に魅力的な地域に的を絞っています。

同社はパームスプリングスとグローバービーチの販売所を買収したばかりですが、10月にオープンしたサンタバーバラ販売所に加え、ライセンスを取得したカルバー市でも販売所を建設中です。

同社は2021年の売上高が100%近く増加し、利益率も上昇すると見ています。

ハーベスト・ヘルス・アンド・レクリエーション

ハーベスト・ヘルス・アンド・レクリエーション(OTC:HRVSF)の時価総額は18億ドルですが、他の2社同様に急成長しています。

同社は、膨れ上がったコスト構造と低い利益率に苦しんできましたが、明るいニュースはそれが最近では改善していることです。

ハーベスト・ヘルスは、11月に大麻の成人使用が合法化されたアリゾナ州で集中展開するほか、カリフォルニア、フロリダ、メリーランド、ノースダコタ、ペンシルベニアの5州でも事業を展開しています。

同社も第3四半期売上高が前年同期比86%増と、急拡大しました。

コスト管理に成功したことで、初めて過去2四半期に調整後EBITDAが黒字になりました。

3銘柄はサンダイアルよりも有望

サンダイアルは手にした現金で今後の業績を改善する機会を得ましたが、明らかに米国市場はカナダ市場より有望でしょう。

上記の3つの小型銘柄は、すべて成長が早く、利益率を拡大させており、米連邦レベルで合法化されれば、大型企業による最良の買収ターゲットになると考えます。

【米国株動向】ロビンフッドの保有高上位10位以内で2021年に暴落する可能性がある銘柄とは?

フリーレポート配信

5Gサービスの世界市場は今年415億ドルに達し、2021年から2027年の間に年率平均44%の成長率で成長する可能性があります。その成長市場で勝者となるであろう銘柄をご紹介します。

注目の5G関連米国株」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Billy Dubersteinは、テラセンド株、ジュシ・ホールディングス株を保有しています。Billy Dubersteinの顧客は、記事で言及されている株式を保有しているかもしれません。モトリーフール米国本社は、ジュシ・ホールディングス株を推奨しています。

最新記事