The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ADP雇用者数とISM非製造業景況指数に注目

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:31,200~31,700ドル】

2日のNYダウは反落。

前日比143.99ドル安の31,391.52ドルで取引を終了しました。

前日に603ドル高と約4カ月ぶりの上げ幅だっただけに、利益確定売りが優勢になりました。

テスラやアップル、アマゾン・ドット・コムなどハイテク銘柄も上値が重く、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数も、230.04ポイント安の13,358.79で取引を終了しています。

ただ、来週にも追加経済対策が成立する見通しや、新型コロナワクチンの普及による経済正常化期待によって、プラス圏で推移する時間帯もありました。

本日の経済指標では、ADP雇用者数とISM非製造業景況指数に注目。

13時時点のNYダウ先物は105ドル高となっており、本日は反発スタートが見込まれます。

ただ、NYダウは下値では押し目買いが入るものの、高値警戒感から利益確定もでやすいので、方向感がでにくい展開です。

また明日のパウエルFRB議長の講演や5日の雇用統計を控えているので、様子見ムードが高まるでしょう。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事