MENU

【ネット証券と比較!】対面証券のメリット・デメリットとは?

証券会社で口座を開設する際にまず考えなければならないのが、「対面証券とネット証券のどちらにするか?」ということです。

対面証券とは、担当となる営業マンとマンツーマンで進めていく資産運用で、わからないことを対面や電話で相談できるという強みを持ちます。

対するネット証券とは、インターネット上を利用し自分一人で全て完結させる資産運用で、手数料が安いという強みを持ちます。

時代の流れとしてはネット証券が優勢ですが、対面証券ならではのメリットもあるので一概にどちらが良いと言うことはできません。

本記事では、対面証券のメリットとデメリット、ネット証券との比較を説明していきます。

ぜひ、証券会社選びの参考にしてみて下さいね。

対面証券とは?

対面証券とは、「営業マンと相談することができるタイプの証券会社」です。

対面証券の大手には野村証券、大和証券、日興証券といった歴史の長い会社が多くあります。

インターネットの普及によりネット証券もずいぶん増えてきましたが、「パソコン操作が苦手」「プロのアドバイスがほしい」という方の存在も見逃せません。

また、長年の歴史によって積み上げられた信頼と実績も豊富です。

対面証券のメリット・デメリットを説明していきますので、あなたの実情に沿わせて見てみて下さい。

対面証券のメリット

まずは対面証券のメリットについて説明していきます。

わからないことは営業マンと相談しながら資産運用ができる

なんといっても対面証券の最大のメリットは「プロの営業マンのアドバイスを受けながら資産運用ができる」という点です。

資産運用を始めたばかりの初心者の方は、どの金融商品を買えばいいのか?いくら分買えばいいのか?いつ売ればいいのか?といったことがわからず不安に陥りがちですよね。

手続きに関しても、相談できるプロがいれば迷う時間も無駄にならないのが嬉しいポイント。

また、投資において情報は生命線であり、仕事が忙しくて情報収集する時間が惜しい人にとってもプロのアドバイスは有益です。

自分にとって最適な金融商品を提案してくれる

金融商品にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

残念ながら万人におすすめできる金融商品は存在しません。

あなたの年齢、職業、収入、家族構成、ライフスタイルなどを考慮し、最適な金融商品を探す必要があります。

プロの営業マンは多くの方の資産運用に関するアドバイスをしてきており、あなたにとって最適な金融商品を提案してくれます。

もちろん、必ず提案を受け入れなければいけないわけではありませんが、選択肢に入れる価値は十分です。

個人では手が出せないIPO銘柄やPO銘柄を入手できる場合も

IPO銘柄(新規公開株)とはこれから上場する会社の株式、PO銘柄はすでに上場している企業が資金調達のために発行する株式のことです。

IPO銘柄やPO銘柄は値上がりの期待が大きく、利益が出しやすいことから非常に人気があります。

そのため、注文が殺到し個人では入手困難である場合がほとんどです。

しかし、利用する対面証券の会社規模が大きければ、割当株数が多くなることでIPO銘柄やPO銘柄を入手できる可能性が上がります。

対面証券のデメリット

対面証券のデメリットについても見ていきましょう。

ネット証券と比較して手数料が高い

対面証券は店舗を構えてプロの営業マンが活動しているため、ネット証券と比較して購入や口座維持にかかる手数料が高いです。

長期で資産運用する場合や、大金を資産運用に投じる場合は数%の手数料の違いで、一般的なサラリーマンの月収分ほどの差が生まれます。

ネット証券は人件費がかからずとにかく手数料が安いです。

また、金融商品を比較検討するためのツールが多く準備されていますので、使いこなすことができればより有利に資産運用を進めることができます。

ですので、手数料を重視し、ツールを使いこなせる方はネット証券一択であると言えます。

営業マンが頻繁に変わることも

証券会社の利益は手数料です。

営業マンは多くの契約を取ることをノルマとして課せられる、生き残り競争が厳しい世界であるのが現実。

あなたの担当だった営業マンが突然退職してしまうという場合もありえます。

引き継ぎは行われますが、人間が変われば関係性も一からやり直しです。

相談相手が頻繁に変わってしまうというのは、想像以上にストレスとなります。

意向に沿った提案がされないことも

これも人間関係の問題です。

担当となった営業マンとあなたの相性が必ずしも良いとは限りません。

営業マンとしては利益を追求した提案をしたつもりであっても、あなたにとっては許容できないハイリスクの金融商品である、といった意向に沿わない場合もありえます。

また、営業マンにはノルマがあります。

悪質な営業マンが担当してしまった場合、あなたの意向を無視した金融商品を強引に進めてくる場合もあるというのが現状です。

担当を変更することも可能ですが、なかなか言い出しづらい方もいますよね。

知識が少ないため、「そんなものかな…」と丸め込まれてしまう方もいるかもしれません。

自分の意向に沿わない資産運用はしたくないという方は、ネット証券を利用し自分の判断で資産運用を進めていくことをおすすめします。

対面証券とネット証券は結局どちらがいい?

対面証券のメリット・デメリットを踏まえ、対面証券をおすすめできる方の特徴は以下の通りとなります。

  • 資産運用経験が浅い、インターネットの操作に不安があるのでプロの営業マンに適宜相談しながら資産運用を進めたい方
  • IPO銘柄やPO銘柄を積極的に狙って利益を出したい方

反対に対面証券ではなく、ネット証券がおすすめできる方の特徴は以下のとおりです。

  • 手数料を安く抑えたい方
  • 営業マンに頼らず自分の判断で資産運用を進めていきたい方

対面証券とネット証券にはどちらにもメリット・デメリットがありますので、しっかりと理解し比較した上で選択していきたいですね。

まとめ

今回は対面証券のメリット・デメリットについて、ネット証券との比較について説明しました。

あなたの資産運用にとって、対面証券とネット証券のどちらが便利であるか判断する材料としていただければ幸いです。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事