The Motley Fool

Clubhouseで注目を集める音声SNSとは?国内で人気の音声SNSも解説

出典:Getty Images

2021年1月、アメリカで注目を集めていた「Clubhouse」が日本で配信されると、著名人やインフルエンサーがこぞって参加し、各種メディアで大々的に取り上げられるようになりました。

そこで今回は、Clubhouseで注目を集める音声SNSについて解説します。

国内ですでに配信されている音声SNSについても合わせて解説します。

音声SNSとは?

音声SNSとは、TwitterやLINE、Instagramのように文字や写真でコミュニケーションをとるのではなく、音声を主体にコミュニケーションをとるSNSの総称です。

文字や写真と違い、音声は情報を発信する側の感情やニュアンスが直接伝わりやすいツールで、発信者の意見や考えをダイレクトに拡散できるという利点があります。

芸能人やタレント、有識者がYouTubeで自分の考えや気持ちを発信するのも、文字だけだと伝わりづらい、あるいは編集され受け手に間違って伝わってしまうのを防ぐのが狙いです。

一方、音声での情報発信はリアルタイム発信が中心で、発信するプラットフォームが少ないと声が届く範囲が狭いというデメリットもあります。

そのため、音声のみで情報発信する音声SNSはYouTubeやTwitterに比べて市場規模が小さく、一部のユーザーで完結している市場とされていました。

しかし、2021年1月より、Clubhouse(クラブハウス)が流行すると、音声SNSに注目が集まっています。

Clubhouseの仕組みと影響

Clubhouseは、音声版Twitterと呼ばれる音声SNSアプリです。

アメリカのアルファ・エクスプロレーション社が運営しており、わずか3ヵ月で1,200万ドル(約12億円)の資金を調達したスタートアップ企業です。

Clubhouseの仕組みは「音声のみで参加するグループ通話」です。

ひとつのグループ(room)に最大5,000人までが参加でき、主催者を含めた数人の話し手による会話や議論を残りの参加者が視聴します。

Clubhouseの魅力は、アプリを開くと様々なテーマごとにグループが形成されていることです。

利用者は気になったグループに入って視聴ができ、挙手ボタンを押してグループの主催者が認めれば話し手として参加できます。

グループの主催者や話し手のなかには芸能人や有名人、インフルエンサーなどもおり、音声だけとはいえ、憧れの人物と話せるチャンスということで、日本でも認知度とユーザー数を伸ばしております。

世代別にみると、やはり若年層への認知度が高く、調査会社の発表によれば10代、20代の認知度は60%を超えており、若者世代を中心に利用者を増やしています。

元々、若者世代というのはLINEのグループ通話やSkypeといったツールを介して、音声によるコミュニケーションに慣れているという下地がありました。

2020年以降、新型コロナによる影響でリモート授業やリモートワークが増え、zoomなどのツールに慣れたことから、Clubhouseへの抵抗感が薄れているのではないかと予想されます。

また、40代、50代の認知度も40%~50%と若者世代には劣りますが、それなりの認知度があります。

これは40代や50代以上はラジオに慣れ親しんだ世代のため、音声だけでやり取りするClubhouseに対して親近感に近いのを抱いていると分析できます。

Clubhouseの特徴として完全招待制となっていることが上げられます。

1人のアカウントにつき招待できるのが2人までとなっているため、誰でもClubhouseに参加できるわけではありません。

1月末ごろからClubhouseの招待枠を譲ってもらえないか、TwitterやFacebookでの書き込みが目立つようになり、フリマアプリやネットオークションでClubhouseの招待枠が売買される騒動となっており、Clubhouseの影響力の高さを物語っています。

Clubhouseの課題

芸能人やインフルエンサーの参加、テレビを始めとした各種メディアが報道した影響もあり、Clubhouseの認知度と利用者は増加しています。

一方で、急速な利用者の増加により課題も浮き彫りとなっています。

当面の課題はサーバーなどのインフラ関係の強化です。

2月に入ってから、アクティブユーザー数が最も増える午後10時前後になると、ルームから強制的に退出される、ルームの一覧が見られなくなるという報告が増加しています。

同様の現象が日本だけでなく、海外でも起きていることから、大掛かりなインフラ整備が必要になります。

また、現在のClubhouseはClubhouse自身とユーザーの収益化がされていません。

記事執筆時点だと、クリエイター助成プログラムとして今後、チップやチケットサブスクリプションなどのテストを開始するとしていますが、具体的な日時や内容はまだ公開されていません。

ほかにも、記事執筆時点だとアプリがAndroid版で配信されていない、中国では規制の対象となっているなど、多くの課題を抱えているのが現状です。

Clubhouse以外の音声SNS

Clubhouseは音声SNSの代表格のように扱われていますが、2020年の時点で国内配信されている音声SNSがあります。

それは株式会社Voicyが運営する「Voicy(ボイシ―)」と、株式会社ナナメウエ「Yay!(イェイ)」です。

VoicyはClubhouseのようにグループ通話を主体としているのではなく、ボイスメディアを主としているサービスです。

著名人やインフルエンサーなどがパーソナリティを務めており、5分~20分程度のVoicyを発信しています。

Clubhouseと異なり、誰でも自由に投稿することができず、運営会社側から依頼されるか、自分からチャンネル開設を申し込んで認められないとチャンネルを開設できません。

Yay!は最大12人で楽しめるグループ音声通話を主としたサービスです。

年齢や趣味嗜好の近いユーザー同士が、匿名でオンライン上でコミュニケーションをとれる音声SNSで、見知らぬ誰かと音声だけのやり取りを楽しめます。

2020年1月にリリースし、11カ月で登録ユーザー数は200万人を突破。Clubhouseの認知度が上がるにつれ、インストール数を順調に伸ばしています。

音声SNSの可能性

ClubhouseとVoicy、Yay!は音声SNSに分類されますが、それぞれ特徴が異なります。

  • Clubhouse…完全招待制ではあるが、実名で誰でもルームに参加できる
  • Voicy…実名で誰でも視聴できるが、ルームを作るのは許可制
  • Yay!…誰でも参加できるが、匿名参加

三者三様の音声SNSのなかでClubhouseが注目を集めたのは、有名人やインフルエンサーが実名で参加しており、誰でも視聴ができ、運が良ければ話し手として参加できる空間というのが非常に魅力的に感じられるからです。

また、将来的には自分の趣味や考えだけでなく、悩みや苦しい感情などを分かち合える場所として、用いられる可能性もあります。

文字や動画と異なり、音声だけのコミュニケーションにもメリットはあります。

たとえば、Voicyのアンケートによると、音声による情報の発信は理解度・好感度が上昇しやすいという結果が出ています。

音声広告は動画広告よりも抵抗感なくユーザーに広告が発信できるのではないかという議論も起きています。

実際、2019年のアメリカデジタル音声広告市場は約2,980億円(前年比21%増)と成長著しい市場となっています。

ユーザー、スポンサーの双方から注目を集めているだけに音声SNSがTwitterやInstagramのように日常に浸透する可能性は十分にあります。

一方で、現在の過熱ぶりが一過性のもので、数カ月もすればアクティブユーザー数を減らす可能性も指摘されています。

現状の問題点としては、Clubhouseの場合は完全招待制のため、すぐに始めることができず、収益化されていないためプラットフォームとして完成されているYouTubeに比べると劣っている部分があることです。

まとめ

以上が、Clubhouseで注目を集める音声SNSの解説になります。

音声SNSは従来のSNSと異なり、音声だけでコミュニケーションをとるサービスです。

Clubhouseのほかに国内だとVoicyやYay!というサービスが配信されており、ユーザー数を伸ばしています。

音声SNSはTwitterやInstagramのように生活に根付いたツールになる可能性を秘めていますが、課題も多く抱えているのも事実です。

投資対象とするのは性急ですが、音声SNSや音声広告を投資のテーマとして研究してみるのも選択肢の1つです。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事