The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ナスダック総合株価指数の動きに注目

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:31,200~31,700ドル】

23日のNYダウは小幅続伸。前日比15.66ドル高の31,537.35ドルで取引を終了しました。

新型コロナウイルスワクチンの普及や、バイデン政権の追加経済対策から景気回復への期待が高まっているものの、インフレ懸念も高まっているので長期金利が上昇しています。

そして長期金利上昇への警戒から、高PER銘柄が多いハイテク株を中心に売りがでやすくなっているのです。

とくにハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数の売りが優勢になっており、前日比67.85ポイント安の13,465.20で取引を終了。

NYダウも一時300ドル以上安い場面もありました。

しかし、パウエルFRB議長の議会証言で、金融緩和策が長期化されるとの見方が意識されると買い戻しが入り、プラス圏で取引を終了したのです。

本日の経済指標では新築住宅販売件数が注目です。

また、本日もパウエルFRB議長の議会証言(下院金融委員会)があるので、マーケットの関心を集めるでしょう。

本日も引き続き米10年債利回りの動向と、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数の動きに注目しています。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事