The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】パウエルFRB議長の議会証言に注目

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:31,200~31,700ドル】

22日のNYダウは27.37ドル高の31,521.69ドルで取引を終了しました。

米10年債利回りが1.39%まで上昇し、PERが高いハイテク株中心に売りがでました。

ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、341.42ポイント安の13,533.05と大幅に下落しています。

ただ、バイデン政権による追加経済対策や新型コロナワクチンへの期待から、NYダウはプラス圏で終了したのです。

民主党は今週にも下院で1.9兆ドルの追加経済対策の法案を成立させる見通しと伝わりました。

また、新型コロナウイルスの新規感染者数は減少しており、ニューヨーク州など経済規模の大きい州でも行動制限が緩和されています。

本日の経済指標では消費者信頼感指数が注目されます。

また、パウエルFRB議長の議会証言があるので、米国債の利回り上昇に関して言及するかどうかに関心が集まりそうです。

長期金利の上昇が続けば、本日もNYダウは上値の重い展開になるでしょう。

また、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が続落するかどうかにも注目しています。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事