The Motley Fool

【米国株動向】低リスクでリターンも望めるS&P 500インデックスファンド

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021214日投稿記事より

一部の投資家はハイリスク・ハイリターンな投資を好みますが、多くの人は長年にわたって着実に利益を得られるような安全な投資を好みます。

一生続けることができる投資

適切な個別株を選択することは難しいことです。

しかし、その悩みをなくす方法があります。

それは、S&P500インデックスファンドに投資することです。

インデックスファンドとは、特定の株式市場に連動するものを指します。

S&P 500インデックスファンドはS&P 500に連動するファンドです。

S&P500インデックスファンドが素晴らしい投資先である理由はたくさんあります。

一つは、ファンド内の企業は、米国内で最も安定した企業群だということです。

S&P 500に含まれている株式には、アマゾン、アップル、コカ・コーラ、ファイザーなどの一般的によく耳にする企業があります。

このインデックスには最高の企業だけが含まれており、S&P 500インデックスファンドに投資することで、これらのスーパースター企業500社すべてに投資することができます。

お金を安全に保つ

S&P 500インデックスファンドのもう1つの利点は、最も安全な種類の投資であるということです。

もちろん、短期的な株式市場のボラティリティの影響は受けますが、一般的に時間の経過とともにプラスのリターンを提供します。

S&P 500は開始以来、年間平均10%の収益率を達成しています。

長期にわたって投資を続けている限り、年間平均10%のリターンを期待することが出来ます。

S&P 500インデックスファンドは、他の投資手法よりもパフォーマンスが優れている傾向にあります。

S&P 500インデックスファンドは、パッシブファンドです。

一方、アクティブファンドは、ポートフォリオマネージャーがファンドに含まれる株式を厳選します。

人件費がかかるため、アクティブファンドの手数料はパッシブファンドよりも高価になります。

アクティブファンドの目標は、インデックスを上回ることです。

しかし、モーニングスターの調査によると、2020年6月までの過去10年において、アクティブ運用ファンドの24%しかインデックスを上回ることができませんでした。

パッシブファンドはアクティブファンドよりも手数料が安いだけでなく、リターンもよい傾向にあります。

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Katie Brockmaは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株、アップル株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。

最新記事