The Motley Fool

【米国株動向】今投資するべき割安な新型コロナ関連3銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021211日投稿記事より

昨年、新型コロナウィルス関連銘柄は注目を集めましたが、下記銘柄は新型コロナ関連ビジネスがなくても長期投資の対象となり得る3銘柄です。

リジェネロン・ファーマシューティカルズ

バイオ医薬品のリジェネロン・ファーマシューティカルズ(NASDAQ:REGN)は、抗体治療薬を専門とし、がんに加え炎症、眼疾患、心臓血管疾患や感染症治療薬に取り組んでいます。

トランプ前大統領に投与された抗体カクテル「REGN-COV2」も開発しました。

リジェネロンのビジネスは、抗体カクテル以外でも30%の成長を続けています。

同社の糖尿病性網膜疾患治療薬の2020年売上高は79億ドルでしたが、当面の成長の大半は免疫疾患治療薬「デュピクセント」がもたらすでしょう。

昨年、同薬の売上高は前年比75%増加して40億ドルに達しました。

パイプラインも、フェーズ3臨床治験が8件、フェーズ2が12件、フェーズ1が15件と潤沢です。

ここ数週間で抗体カクテルの価値は増大しています。

昨年、治療薬開発を推進する米政府の「ワープスピード作戦」において、抗体カクテル3億回投与分の供給が決まりましたが、1月には12億5,000万回投与分の追加供給で合意しました。

これは2021年上半期だけで26億2,500万ドルの売上に相当します。

昨年の売上が全体で85億ドルにすぎなかったことを考えれば悪くない数字です。

株価は過去1年の上昇率が40%にとどまり、抗体カクテルの寄与がごくわずかだった2020年の株価収益率(PER)は20倍です。

アナリストコンセンサスでは2021年の予想PERが13倍と、S&P500指数の22倍(いずれも執筆時点)に比べ、割安です。

【米国株動向】2021年に株価が急騰しそうな高成長2銘柄

エマージェント・バイオソリューションズ

エマージェント・バイオソリューションズ(NYSE:EBS)は、医薬品、ワクチン、公衆衛生上の脅威に対応する医療用具の専門メーカーですが、同社にとって近い将来の成長を牽引するのは、受託開発・製造サービス(CDMO)であることが分かってきました。

同社が提供する、医薬品メーカーの生産を支援するサービスは、急遽世界で新型コロナワクチン製造が必要になったことで、その重要性が証明されました。

CDMOの2019年売上高は8,000万ドル、全社売上高の7%に過ぎませんが、2021年には9億2,500万~9億6,500万ドルに成長し、全社売上高の47%を占めると同社は予想しています。

また、ワクチン製造契約を米政府、ジョンソン・エンド・ジョンソン、アストラゼネカ、ノババックスと結んでいます。

エマージェント・バイオのキャッシュフロー創出力は強固であり、企業買収と研究開発投資によって2016~2020年に年率33%の増収をもたらしました。

同社は2021年の売上高を前年比29%増と発表し、アナリストは1株当たり利益(EPS)を同27%増と予想しています。

執筆時点で2021年の予想PERは13倍です。

バイオビジネスの時代が到来か。米国バイオ企業の最新動向

ファイザー

ファイザー(NYSE:PFE)は、提携するドイツのビオンテックとともに、早々にメッセンジャーRNAワクチンの承認を得ましたが、投資家は巨大なビジネスに対して同社をあまり評価していません。

ファイザーは2021年の新型コロナワクチンの売上高を150億ドル、調整後利益を40億ドル超と予想していますが、2020年の全社売上高が420億ドル、調整後利益が125億ドルだったことを考えると、業績を大きく押し上げることになるでしょう。

また変異型ウィルスの出現により、改良型ワクチンが何年にもわたって必要とされるのはほぼ確実です。

同社はワクチン1投与分の値段を「パンデミック価格」で19ドル50セントとしていますが、将来は通常のワクチン価格である150~175ドル近くに引き上げることを示唆しました。

新型コロナ関連以外の事業でも、成長性は高まっています。

同社は低成長の旧アップジョンの事業を切り離し、自身はがんや、炎症、代謝疾患などの稀少疾患、ワクチンといった高成長分野に専念します。

同社は、新型コロナワクチンを除く2021年の調整後EPSを前年比15%増、ワクチンを含む全体では同42%増と予想しています。

執筆時点の予想PERはワクチンを除いて14倍ですが、ワクチンを含む合計では11倍、配当利回りは4.5%です。

【米国株動向】退職者が安定したリターンを期待できる米国配当株3銘柄

フリーレポート配信

定期的に現金を得られる配当株投資は、年金を補うポートフォリオの構築をしたい投資家にとって最適といえるでしょう。配当及びキャピタルゲイン込みで年率4%ほどのやや保守的なリターンを仮定しても、18年間で元本は2倍になります。このレポートでは、そういった配当と堅実な成長性の観点から注目すべき米国株を3つ紹介します。

2021年2月に注目の高配当米国株3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Jim Crumleyは、アストラゼネガ株、バイオンテック株、エマージェント・バイオソリューションズ株、ジョンソン・エンド・ジョンソン株、ファイザー株、リジェネロン・ファーマシューティカルズ株、ヴィアトリス株を保有しています。モトリーフール米国本社は、エマージェント・バイオソリューションズ株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ジョンソン・エンド・ジョンソン株、ヴィアトリス株を推奨しています。
最新記事