The Motley Fool

【米国株動向】アマゾンがAMCを買収するかもしれない理由

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年2月18投稿記事より

2月18日の朝、AMCエンターテインメント・ホールディングス(NYSE:AMC)の株価が上昇しました。

それは「アマゾン(NASDAQ:AMZN)が買収する」という噂に基づくものです。

今のところ、それはあくまでも噂に過ぎません。

両者間で話合いが行われているという信頼する情報源を持つメディアは存在しません。

しかし、昨年、アマゾンとAMCが合併の予備交渉中であったという報道がありました。

また、2018年にも買収の噂がありました。

さて、アマゾンによるAMCの買収はありえるのでしょうか。

双方の意見を聞いてみたいと思います。

アマゾンはAMCを買うべきではありません

まず、AMCの企業価値から考えていきましょう。

AMCの企業価値は、昨年の5月時点で106億ドルでした。

現在、AMCのファンダメンタルズは悪化していますが、レディットのおかげで企業価値は130億ドルに膨れ上がっています。

したがって、買収総額は150億ドル近くになる可能性があります。

昨年の買収検討時点でAmazonにとって価格が問題であったならば、今すぐ取引が行われることはないでしょう。

AMCは、過去1年間、ハリウッドの新作を上演していません。

そのため、人々はAMCの映画館に訪れていません。収益面においてこれはマイナスでしょう。

また、アマゾンが「映画館が欲しい」ということであれば、AMCにこだわる必要はありません。

AMCのライバルであるリーガルを買収することも可能ですし、大型の映画館であるマルチプレックスを買収することも可能です。

AMCを購入した場合、アマゾンの株価が下落するリスクもあります。

かつて137億ドルのホールフーズの買収によってアマゾンの株価は下落しました。

しかし、少なくともホールフーズは成長企業でした。それに比して、AMCは衰退産業です。

アマゾンはAMCを購入すべきです

クレイジーに聞こえるかもしれませんが、アマゾンとAMCの組み合わせが理にかなっている理由もいくつかあります。

その理由は、以下の5つです。

・ハリウッドとの関係強化

・アマゾンプライムビデオの魅力向上

・AMCのサブスクリプションモデルによる利益

・売店の改革による収益向上

・マーケティング力の向上

AMCを所有することで、アマゾンはハリウッド映画に関し他のストリーミングプレーヤーより優位に立つことが出来ます。

また、映画館のサブスクビジネスであるAMCStubs A-Listを改革することにより、大きな収益を生むことが出来ます。

映画館の売店に関しても、アマゾンゴーなどの経験を活かしてさらに便利で収益性を高めることが出来ます。

また、アマゾンは映画ファンから様々なデータを得ることが出来ます。

アマゾンがAMCを買収することで、100年前からある映画館が現代の技術によって新しく魅力的なものに生まれ変わる可能性があるのです。

【米国株動向】AMCエンターテインメントの株価が再び下落。シティグループは「売り」評価

フリーレポート配信

株式市場は高値圏にあり、下落・調整リスクを懸念する見方があります。そこで、市場の調整局面でも比較的安定して推移することが期待される消費財銘柄を3銘柄紹介します。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

ディフェンシブな優良消費財銘柄3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Rich  Munarrizは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。
最新記事