The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】過去最高値圏で上値の重い展開か

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:31,200~31,700ドル】

17日のNYダウは3日続伸し、前日比90.27ドル高の31,613.02ドルで取引を終了。

連日で過去最高値を更新しました。

朝方発表された1月の小売売上高は、前月比5.3%増と急回復。市場予想の1.2%増を大きく上回りました。

昨年12月に実施された600ドルの直接給付が効いている可能性が高く、バイデン大統領が掲げる追加経済対策では1,400ドルの直接給付が盛り込まれており、給付後の個人消費の盛り上がりが期待されているのです。

また、午後に1月26~27日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表され、景気がFRBの目標とする水準にはほど遠いとの認識で一致していることがわかり、当面は緩和的な金融政策が続くとの見通しが株式市場を下支えしました。

ただ米10年債利回りが1.3%を一時超えるなど、長期金利が上昇していることからハイテク株には売りがでました。

ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、82ポイント安の13,965.50と節目の14,000を割り込んで取引を終了しています。

13時時点のNYダウ先物は6ドル安と小動きの展開。

本日の経済指標では新規失業保険申請件数と住宅着工件数が注目されますが、高値警戒感から利益確定売りが優勢になる可能性もあるので注意が必要です。

フリーレポート配信

定期的に現金を得られる配当株投資は、年金を補うポートフォリオの構築をしたい投資家にとって最適といえるでしょう。配当及びキャピタルゲイン込みで年率4%ほどのやや保守的なリターンを仮定しても、18年間で元本は2倍になります。このレポートでは、そういった配当と堅実な成長性の観点から注目すべき米国株を3つ紹介します。

2021年2月に注目の高配当米国株3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事