The Motley Fool

【米国株動向】配当利回り3%超の注目の米国株3銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、202128日投稿記事より

現在の低金利環境では、投資先から十分なインカムを得るのは非常に困難です。

30年物米国債すら、最近の利回りは2%を下回りました。そのため、配当利回りが3%を超える株式は特に魅力的となっています。

足元の市場環境では、適切な株式を選択すれば、債券を上回るインカムと成長を両方得ることができます。

しかし、配当の支払いは保証されていないため、株式は債券より高リスクです。

従って、配当の金額だけでなく、その持続可能性についても検討することが望ましいでしょう。

この点を念頭に置いた上で、配当利回りが3%を上回る3銘柄を紹介します。

エクストラ・スペース・ストレージ

エクストラ・スペース・ストレージ(NYSE:EXR)は、トランクルーム業界の大手企業の1社です。

同社は安全な保管施設を提供し、顧客は物品を保管してもらいスペースの賃料を毎月支払います。

事業コストは非常に小さく、直近四半期の粗利益率は70%に上ります。

顧客維持率はまずまずの水準で、景気後退にも十分に強い傾向があります。

エクストラは不動産投資信託(REIT)であるため、利益の90%以上を配当として株主に支払わなければなりません。

このことは、同社が黒字であり続ける限り、その株主は十分な配当を期待できることを意味します。

エクストラの現在の配当利回りは約3.1%です(執筆時点)。

新型コロナウイルスのパンデミックにもかかわらず、配当は営業キャッシュフローによって十分にカバーされています。

そのため、同社はパンデミックを生き残り、コロナが収束した暁には増配を再開できる可能性があります。

ロッキード・マーチン

ロッキード・マーチン(NYSE:LMT)は軍用航空機や兵器システムで最も良く知られています。

同社の製品は米国の安全保障にとって欠かせない役割を担っています。

防衛支出をめぐる決定には政治が絡みますが、戦時中であれ平時であれ、時とともに支出は増加する傾向があります。

そのため、同社の売上高は、14倍未満という比較的低い株価収益率(PER)から推定されるよりも安定しています。

ロシアと中国の両国が極超音速ミサイル発射システムを開発する中、ロッキードの事業は米国の防衛を十分に確保する上で不可欠です。

たとえ平時であっても、抑止力は重要な軍事戦略であるため、先進的な技術の開発は続くでしょう。

ロッキードの配当利回りは約3.1%で(執筆時点)、配当額は同社の利益の約40%を占めます。

妥当な配当性向に加え、同社の利益は今後数年にわたり緩やかな増加が予想されるため、配当は継続し、時とともに増加する可能性があると考えられます。

【米国株動向】ロッキード・マーチンは新型コロナウイルスにもかかわらず好調

3M

化学メーカーの3M(NYSE:MMM)は、数十もの異なるカテゴリーにわたる無数の製品を誇ります。

幅広い製品群には、有名な付箋のポストイットから、比較的無名ながら極めて重要な聴診器のリットマンまでが含まれます。

こうした広範なラインアップは、主として3M自身のイノベーションによるものであり、同社が経済の先行きにほとんど関係なく好調な業績を挙げられる立場にあることを意味します。

当然ながら、製品の幅広さにはマイナス面もあります。

3Mの売上高の多くの部分は、既に成熟した市場向けの製品によるものです。

そのため、アナリストは今後数年間の売上高の伸びは控えめになると予想しています。

潜在的な投資家にとっては幸いなことに、市場はこうした見通しを認識しており、来年の予想利益に基づくPERは約18.6倍とかなり割安な水準にあります(執筆時点)。

3Mは成長への再投資のため、利益の36%強を留保しているにもかかわらず、配当利回りは3.3%に上ります(執筆時点)。

同社は最近、四半期配当の小幅な増配を決定したため、現在の環境が続いても配当支払いは維持されると考えられます。

うまくいけば、コロナの収束後に増配を加速することができるでしょう。

【米国株決算】スリーエムの最新決算情報と今後の株価の推移

今日のインカム、未来の増配の可能性

エクストラ、ロッキード、3Mの事業モデルは全く異なっています。

共通しているのは、現在良好なインカムを株主に提供している配当株であること、そして時とともにインカムが増加する可能性があることです。

足元の低金利環境では、現在の配当に加えて、将来十分なトータルリターンを得られる可能性がある上記の3社は検討に値するでしょう。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Chuck Salettaは、エクストラ・スペース・ストレージ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、スリーエム株、ロッキード・マーチン株を推奨しています。
最新記事