The Motley Fool

テスラのビットコイン購入と市場への影響についての考察

出典:Getty Images

イーロン・マスク氏率いるテスラ(NASDAQ:TSLA)は2月8日、ビットコイン(BTC)に約15億ドルを投資しました。

このことは市場関係者に大きな衝撃をもたらしました。

本記事ではテスラによる15億ドル超ものビットコインへの投資及び株式市場への影響などについて考察していきます。

【米国株動向】テスラがビットコインを史上最高値に押し上げる

BTC購入の概要

この出来事は2021年2月8日に突如発生しました。

テスラが米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類によると、同社は15億5,000万ドルを暗号資産であるビットコインに投資していたことが分かりました。

また同社は車両や製品の購入において、ビットコインを使用できるようにするとの見通しを発表しました。

この発表を受け、1BTCは4万ドル弱から4.4万ドル前後まで急騰し、過去最高値を更新しました。

テスラのこの動きに追従し、他の大企業が手元資金で仮想通貨を購入する動きがみられる可能性もあります。

テスラの観点

なぜ、テスラはビットコインを大量に購入したのでしょうか。

同社のビットコイン購入は、1月に発表した投資方針の変更を受けたものです。

SECに提出した資料によると以下のようになります。

当社は2021年1月に投資方針を変更し、営業上の流動性を維持するために不必要な現金をさらに多様化し、リターンを最大化するための柔軟性を提供します。

このような方針の一環として、当社はそのような現金の一部を、デジタル資産、金地金、金取引所上場ファンドなどに投資することができます。

同社は営業に支障をきたさない流動現金について、現金以外の資産に変えることで多様性を確保し、リターンを最大化するような投資方針を示しました。

このような投資方針から、同社によるビットコイン購入の動機として挙げられるのは、キャピタルゲインへの期待です。

テスラと同様にビットコインを大量に保有しているマイクロストラテジーのPERは、ビットコイン購入後、上昇しています。

このようなことから、テスラは現金をビットコインに変え、ビットコインの上昇に伴うキャピタルゲインを期待しながら、株価による評価上昇も期待しているのではないかと考えることができます。

ビットコインが消費者にも受け入れられるようになれば、同社が保有するビットコインの資産としての信頼性も高まります。

ただテスラのビットコイン購入については懸念点もあります。

テスラは昨年大きく株価が上昇した銘柄の一つですが、同社の株式を取得した市場参加者は、テスラの保有するビットコインに投資したわけではありません。

ビットコインについて懐疑的な考えを持つ市場参加者も多いなか、テスラのビットコインへの高額投資に対して、株主はネガティブな反応をする可能性もあります。

株価は8日以降、やや軟調な推移をしているものの、過度にネガティブな反応が見られていると決定づけるほどのものにはなっていません。

イーロン・マスク氏の観点

2021年の1月末には、同氏のツイッターのプロフィール欄に「#bitcoin」の記載がされていました。

このことについて同氏は詳しい説明をしていませんが、このことが市場参加者に知られると、ビットコインは急騰しました。

「#bitcoin」についての詳しい説明はなかったものの、市場参加者が「イーロン・マスク氏はビットコイン投資家」なのではないかと考えたからです。

実際、このような見解は概ね当たっていました。

また同氏は招待制のオーディオチャットアプリである「Clubhouse」にて、「8年前にビットコインを購入しておくべきだった。現時点でビットコインは良いものであると考えており、私は支持している」とコメントしていました。

このように同氏はビットコインについて、肯定的な意見を持っており、今回のテスラ社によるビットコインの大量購入は、同氏が主導して行われていたのではないかと考えることができます。

ビットコインの観点

ビットコインは2018年の暴落後、低調な推移が続いていましたが、2020年の年末から2021年にかけて高騰しています。

前述の通り、テスラ社のビットコイン購入判明後、ビットコインは史上最高値を更新しています。

テスラのビットコイン購入により、ビットコインの今後にはどのような影響があるのでしょうか。

考えられる動きの一つに、流動資産を保有する大企業が、資産の多様性を高めるため、ビットコインを購入する可能性があります。

もしGAFAなどの企業がこの動きに追従するのであれば、ビットコインが持つ地位は確固たるものになっていくでしょう。

ビットコインの今後の動きについては分かりませんが、一部のアナリストは2021年にはビットコインの価格が4倍になる可能性もあると述べています。

ビットコインと株式相場について

かねてよりビットコインとS&P500には相関性があるのではないかと言われてきました。

2020年の6月には両者の相関関係は60%以上と過去最高レベルに上昇しました。

その後20%前後まで減少するなど、相関関係は不安定なものにとどまっています。

しかし、ビットコインは未だリスク資産のひとつであり、株式市場でリスク選好ムードが広がれば、ビットコインも上昇し、逆に市場がリスクを嫌気するようなムードであれば、ビットコインの上昇も一服する可能性があると言えるのではないでしょうか。

また、ビットコインが株式市場に影響を与えるケースも十分想定されます。

テスラは今回大量のビットコインを保有したことになるので、ビットコインが大幅に下落すれば同社の株価は下落するものと考えることができますし、またそれに伴いテスラ社をその構成銘柄に含むS&P500も一定程度下落すると考えることができます。

また今後テスラ以外の大企業がビットコインを保有するようになれば、ビットコインが株式市場に対して与える影響がさらに大きくなるものと考えることができます。

フリーレポート配信

定期的に現金を得られる配当株投資は、年金を補うポートフォリオの構築をしたい投資家にとって最適といえるでしょう。配当及びキャピタルゲイン込みで年率4%ほどのやや保守的なリターンを仮定しても、18年間で元本は2倍になります。このレポートでは、そういった配当と堅実な成長性の観点から注目すべき米国株を3つ紹介します。

2021年2月に注目の高配当米国株3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、白紙は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事