The Motley Fool

【米国株動向】注目すべき米国高配当銘柄

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021年2月7日投稿記事より

配当株投資は、2つのステップに要約できます。

まず、魅力的な配当を支払う株式を見つけること。

次に、配当を確実に継続できる強力な事業を欠く株式を排除すること、です。

しかし、この2つのステップだけでは対象株式を絞り切ることが出来ません。

そこで、増配実績や成長見通しなど、他の事項も考慮する必要があります。

これらの条件をすべて満たし、今すぐ購入を検討すべき3つの配当株をご紹介します。

アッヴィ

あなたが魅力的な配当株を探しているなら、アッヴィ(NYSE:ABBV)はいかがでしょうか。

現在の配当利回りは4.9%です。

同社は49年連続で配当を増やしており、配当貴族(25年以上連続して配当を引き上げているS&P 500メンバー)の資格を持っています。

アッヴィは一連の増配を続けることができるでしょうか。

2023年以降、同社の最も売れている医薬品であるヒュミラはジェネリック商品との競争に直面します。

これは、確実にアッヴィの売上高に悪影響を与えます。

しかし、配当を求めるのであれば何も心配する必要はありません。

同社はすでにヒュミラの代わりとなる2つの自己免疫疾患治療薬を開発しています。

同社は、リンヴォックとスキリージの合計売上高が2025年までに150億ドルになると予測しています。

他にも、血液がん治療薬のイムブルビカやベネトクラクスなどの有力な医薬品を抱えています。

アッヴィの売上高は、2021年と2022年は堅調に推移しますが、2023年に減少すると予想されます。

しかし、同社はすぐに元の売上高の水準に戻ると考えています。

米国ヘルスケア銘柄の最新業績:高配当株アッヴィとメルク

ブルックフィールド・インフラストラクチャ・パートナーズ

ブルックフィールド・インフラストラクチャ・パートナーズ(NYSE:BIP)は3.7%の配当利回りを誇ります。

同社はS&P 500のメンバーではないため「配当貴族」ではありません。

ただし、同社の配当実績は良好で、年平均成長率は10%です。

ブルックフィールドは、安定した収入を生み出すのに理想的なビジネスを運営しています。

そのビジネスとは、データセンター、天然ガスパイプライン、港、鉄道、有料道路などの公益事業です。

景気後退とパンデミックは、同社にそれほど影響を与えませんでした。

同社の多様化されたビジネスと長期契約は、配当に大きな安定感をもたらします。

同社の事業のほとんどは公益事業で構成されており、2桁の堅調な成長率も達成しています。

非常に魅力的な企業だと言えるでしょう。

【米国株動向】年金を補ってくれる注目すべき高配当株3銘柄

イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ

イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ(NYSE:IIPR)の配当利回りは2.4%です。ですから、それほど素晴らしい配当株とは思えないかもしれません。

しかし、イノベイティブは非常に優れた配当株だということをご説明いたします。

まず、配当利回りが低く見えるのは、同社株式が過去3年間で700%近く急騰したためです。

それに加え、同社の配当性向はほぼ4倍になっています。

イノベイティブは、米国のマリファナブームの恩恵を受け続けています。

同社は医療大麻事業者から物件を購入し、その物件を同じ事業者にリースします。このセール・リースバック取引は、同社に何年も続く安定した売上高をもたらします。

同社は現在、17の州で67の物件を所有しており、さらに物件の拡大を進める予定です。

さらに、新たに18州が医療用大麻を合法にする動きが出ています。

急成長する配当と堅実な成長見通しを考えれば、イノベイティブは注目すべき配当株といえます。

【米国株動向】バイデン強気相場でさらに上を目指せる3銘柄

フリーレポート配信

定期的に現金を得られる配当株投資は、年金を補うポートフォリオの構築をしたい投資家にとって最適といえるでしょう。配当及びキャピタルゲイン込みで年率4%ほどのやや保守的なリターンを仮定しても、18年間で元本は2倍になります。このレポートでは、そういった配当と堅実な成長性の観点から注目すべき米国株を3つ紹介します。

2021年2月に注目の高配当米国株3選」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speightsは、アッヴィ株、ブルックフィールド・インフラストラクチャ・パートナーズ株、イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、イノベイティブ・インダストリアル・プロパティーズ株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ブルックフィールド・インフラストラクチャ・パートナーズ株を推奨しています。

最新記事