The Motley Fool

景気回復基調に伴い高まる金属の需要について

 v

新型コロナウイルスの感染拡大による影響から、在宅勤務(テレワーク)で仕事をする人が増加しました。

そういった影響もあり、巣ごもり需要は投資の分野でも高まりました。

在宅勤務が進んだことで投資を始める人が増加し、各証券会社の預かり資産は、新型コロナの影響で在宅勤務が進む前に比べて大幅に増加しました。

「ロビンフッター」と呼ばれる人たちが出てきたり、まさに投資ブームと言った状況で株式市場は盛り上がりを見せています。

米国では、米民主党が経済対策案を成立させる手続きを進めており、イエレン米財務長官は「バイデン政権が掲げている1.9兆ドルの経済対策なら、来年には完全雇用を実現できる」と発言しました。

これを好感した米株式市場では、今月8日米ダウ工業株30種平均株価指数を始め主要3指数が最高値を付けました。

米政権の大幅な追加経済対策は、投資家にとって安心材料になったのかもしれません。

さて、環境に配慮したクリーンエネルギーへの移行が世界で進められる中、金属の需要は大幅に増加しています。

銅、白金(プラチナ)、銀(シルバー)などの価格は、先物市場において昨年から上昇基調にあります。

「金属」と一言で言っても、その種類は豊富で様々なものがあります。

それぞれの特徴を生かし、電気自動車や産業インフラ分野などの幅広い分野で使用され、世界での需要は今後も益々高まりそうです。

銅の需要

電気自動車(EV)の製造過程で使う銅の割合は、ガソリン車を製造する時に比べ4倍近く増加します。

また、風力発電や太陽光パネルに至っても銅は欠かせないものであり、従来の化石燃料発電で電気を生産する場合と比較すると、風力発電や太陽光パネルを使用した場合に必要とされる銅の量は5倍近くとなります。

世界最大の独立系銅生産業者の1つである米大手フリーポートマクモランの株価は、昨年約90%上昇しました。

このフリーポートマクモランという企業は、主力の銅の他に金、銀、モリブデン、レニウムなども扱っている天然資源の会社です。

また銅の需要が注目されている理由の一つとして、中国の習近平国家主席が今後10年間において風力電力や太陽光発電などの再生可能エネルギーの生産能力を現在の3倍まで引き上げる、という発表をしたことが挙げられます。

中国が環境重視型の政策を始めるということは、今後10年間において銅の需要が大幅に増加することを意味する、とアナリストたちは分析しており、中国だけでも銅の需要は、今年約80万トン増加すると見られています。

勿論、環境配慮への流れは世界的に進められており、米バイデン政権発足直後に、バイデン大統領が行った地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰をはじめ、昨年には日本、韓国なども2050年までに、二酸化炭素の排出量ゼロを目指すカーボンニュートラルの達成、また欧州連合(EU)も二酸化炭素の排出量を、今後10年間で最低55%引き下げるといった目標を掲げています。

非鉄金属の需要

非鉄金属とは、一般的に鉄以外の金属の事を指します。

また、非鉄金属の枠組みの中に通常「銅」は含まれません。

非鉄金属の種類は多く、ここでは産業的に需要のある非鉄金属を取り上げ、主な用途などを紹介していきたいと思います。

金(ゴールド)

宝飾品、電子機器、歯科医療、工業用需要など。

銀(シルバー)

感光材、電子機器、宝飾品、また注目は工業用メタルとしての需要で、太陽光発電のソーラーパネルにも使われており、環境を配慮した産業転換が進んでいる今、銀(シルバー)の需要は高まっています。

また銀(シルバー)は、金(ゴールド)と比べると市場規模が圧倒的に小さいことから、ボラティリティーが高まった時の値動きが一気に加速する可能性があることも頭に入れておく必要があります。

白金(プラチナ)

レアメタルとも呼ばれている白金(プラチナ)、生産の主要国は南アフリカであり生産量は約8割を占めています。

また南アフリカの通貨である南アフリカランドが上昇すると、プラチナの値段も上昇する傾向があります。

用途は宝飾品、俳ガス用触媒、歯科医療、工業需要、燃料電池車、自動車触媒などであり、今一番注目されている金属とも言えます。

脱炭素社会への移行を世界各国が掲げている今、白金(プラチナ)の需要は大きく拡大しており、環境を配慮したグリーン水素の生産過程において白金(プラチナ)は重要な役割を果たしており、水素社会の実現に欠かせない存在となっています。

他の非鉄金属の主な用途

  • イリジウム…水素の水電解で使用される触媒
  • ロジウム・パラジウム…ガソリン車の触媒
  • 鉛…バッテリー
  • 亜鉛…ダイカスト、めっき
  • アルミニウム…ダイカスト、電線、圧延品。
  • ニッケル…ステンレス、携帯機器やハイブリッドカー用の電池
  • クロム…ステンレス、耐熱網
  • タングステン…特殊網、超硬工具
  • コバルト…耐熱網、超硬工具、磁性材、電極
  • モリブデン…半導体基板、網材、触媒、太陽電池やフラットパネルの配線
  • マンガン…網材、アルミ合金、乾電池、磁性材
  • レアアース…半導体の原料、コンデンサ、永久磁石、電池

フリーレポート配信

コロナ禍で消費者が一斉にレストランや航空機の利用を敬遠した一方、在宅需要という大きな恩恵を享受し、新産業として伸びた分野もあります。過去1年で既に株価は大幅に上昇してしまいましたが、在宅関連銘柄としても、長期的な成長株としても注目できる3銘柄を取り上げます。

在宅需要で新たな産業が勃興する中、注目のコンスーマー関連3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事