The Motley Fool

資産を2倍にするための3つの投資の秘密

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2021128日投稿記事より

資産を2倍にすることは、一部の投資家が考えるほど難しいことではありません。

その秘訣は忍耐強くなることです。

そして、物事をシンプルに捉えることです。

資産を2倍するためには、簡単なルールに従う必要があります。

1.時間に身を任せる

まず、株式が上昇する時間を与えることです。

口で言​​うのは簡単です。

しかし、株価が長い間低迷している場合、より面白く動きそうな銘柄と入れ替えたくなってしまいます。

しかし、このような売買はあまりおすすめできません。

最も賢明な方法は、ポートフォリオをそのままにしておくことです。

投資家は資産を2倍にするために、どれくらいの期間待つ必要があるのでしょうか?

72の法則(72をポートフォリオの平均年間収益率で割ったものが資産を2倍にするために必要な年数に等しい)を活用すると、平均年間収益率が12%の場合、6年ほどで資産が2倍になります。

より保守的に考えて、年率8%に近いリターンが得られるとすると、9年ほどで資産が2倍になると考えられます。

いずれにせよ、投資家は月単位ではなく年単位で考える必要があります。

2.分散化とバランスの調整

ポートフォリオを成長株だけで構成したり、割安株だけで構成することは避けたほうがよいでしょう。

さらに言うと、株式だけでポートフォリオを組まないほうがよいでしょう。

債券やコモディティは株式が停滞している場合に、うまく機能することが多いからです。

投資家が分散化の取組みでよく犯す2つの誤りがあります。

1つは、配当金の受領時にその配当金をすぐに再投資することです。配当金は、すぐに再投資する必要はありません。

配当金を貯めておき、適切なエントリーポイントで新しいポジションを確立するという方法もあります。

他には、成長株と割安株、株式と債券、小型株と大型株が入り交じり、ポートフォリオの調整ができなくなることです。

ポートフォリオが、時間の経過とともに大きく変化するためです。

そうなった場合、保有株の中から過度な割合を占めるようになった銘柄の売却を検討してください。

そして、ポートフォリオの中で過小評価された銘柄を買い増しましょう。

3.小型株を考える

大型株の方が馴染みあるため所有しやすいですが、あまり知られていない小型株もチェックする必要があります。

例えば、過去1年で小型株のサンワークス、カークランド、ベリトーンの株価はすべて1000%以上上昇し、テスラを含む大型株のリターンを打ち負かしています。

この唯一の例外は、52週間で1585%のリターンを達成したプラグパワー株です。

しかし、1年前にプラグパワーは小型株であったことに注意が必要です。

多くの小型株はフェイスブックやマイクロソフトのような企業になる前に倒産する可能性があります。

それでも、長期的なリターンは大型株より優れています。

適切なリサーチができるのであれば、小型株への投資で大きなリターンを上げることができるでしょう。

フリーレポート配信

優良企業30社で構成されるダウ平均株価は、1世紀以上にわたり世界中でフォローされています。ダウ構成銘柄の長年の良好なパフォーマンスを考えると、市場参加者が注目するのはごく自然なことで、最近はこれから紹介するダウ4銘柄が注目されています。

著名投資家も注目の優良大型株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。マイクロソフトの子会社LinkedInの従業員であるTeresa Kerstenは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者James Brumleyは、マイクロソフト株を保有しています。Nicholas Rossolilloは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、フェイスブック株、テスラ株、マイクロソフト株を保有し、推奨しています。

最新記事