The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】FOMCと主力ハイテク株の決算を控え様子見か

出典:Getty Images

【NYダウ予想レンジ:30,700~31,100ドル】

26日のNYダウは4日続落。前日比22.96ドル安の30,937.04ドルで取引を終了しました。

新型コロナウイルスの新規感染者数が世界的に増加。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、これまでの累計感染者数も日本時間26日午後の時点で約9,970万人となりました。

世界的に景気が鈍るとの見方から、売りがでたのです。

また、引け後のマイクロソフトや本日のアップル・フェイスブック・テスラなど主力IT・ハイテク企業の決算を見極めたいと様子見ムードが高まりました。

引け後に発表されたマイクロソフトの2020年10~12月期決算は、売上高が431億ドルとなり、四半期ベースで過去最高。

純利益は155億ドルと前年同期に比べて30%あまり増えました。

新型コロナウイルスの感染拡大によるリモートワーク普及が、マイクロソフトにとって追い風になりました。

決算発表を受け、マイクロソフトは時間外取引で4%上昇しています。

ただ、14時時点のNYダウ先物は74ドル安となっています。

本日はFOMCを控えていることや、引け後にアップルやテスラ、フェイスブックなどの決算発表があるので、様子見ムードが高まりそうです。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事