The Motley Fool

【米国株動向】ブラックロックが四半期配当を4.13ドルに引き上げ

モトリーフール米国本社、2021年1月21日投稿記事より

資産運用会社のブラックロック(NYSE:BLK)は、21日に四半期配当を1株あたり3.63ドルから4.13ドルに引き上げました。

この配当は3月23日に支払われる予定です。

年間で見ると1株あたり16.52ドルの配当をブラックロックは支払っており、金融セクターでは高配当な銘柄の1つに入ります。

配当利回りは約2.2%となり、配当性向は約39%となっています。

そして12年連続で増配の実績を持っています。

ブラックロックは、2020年に株価が47.2%上昇しており、力強い成長を遂げています。

運用資産額(AUM)は2020年に17%増の8.6兆ドルになりました。

年間売上高は前年比11%増の162億ドル、純利益は10%増の49億ドルとなっています。

収益の大部分は投資顧問料によるもので、7%増の126億ドルとなりました。

同社は通年で3,910億ドルの純資産流入額を報告しました。

そのうちの1,850億ドルは、iシェアーズ上場投資信託に投資されています。

通年の1株あたり利益(EPS)は19%増の33.82ドルでした。

第4四半期売上高は前年比13%増の45億ドル、純利益は19%増の15億ドル、もしくは1株あたり10.02ドルとなりました。

ETFの当四半期の純資産流入額は780億ドルとなり、四半期の計1,270億ドルの約61%に相当します。

株価は年初来から約3%上昇しています。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Dave Kovaleskiは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事