The Motley Fool

【米国株動向】フィンテック企業のアファームは、IPO取引初日に株価が2倍近くに

モトリーフール米国本社、2021年1月13日投稿記事より

アファーム(NASDAQ:AFRM)はあまり知られていないかもしれませんが、決済プラットフォームのペイパル(NASDAQ:PYPL)の共同創設者の1人であるマックス・レヴチンがCEOの企業です。

eコマースサイトの顧客に融資と分割払いのローンを提供しています。

IPOにおいて、当初33ドル〜38ドルの間で株価を設定することを計画していましたが、投資家の強い関心を集めたことで、41ドル〜44ドルに押し上げられました。

そして上場する前夜、アファームはこの範囲の上限を超える49ドルに価格を設定しました。

しかし、投資家の熱は冷め止まず、2020年下半期のIPOで繰り返し行われてきたように、同社株価も目まぐるしい速度で急上昇しました。

アファーム株は売出価格を86%近く上回る90.90ドルで取引を開始し、そこからさらに上昇しています。

上場初日の株価は、結果的に売出価格を98%以上上回る97.24ドルで取引を終了しました。

アファームは投資家に2,460万株を提供しており、引受会社が追加の369万株を売却する権利を行使した場合、13億8,000万ドルもの資金を調達し、時価総額は約230億ドルになっていた可能性があります。

業績面では、売上高は、2020年6月30日に終了した会計年度において、前年比92%増の約5億900万ドルとなっています。

同時に、純損失は1億1,300万ドルに削減することができています。これは、前年度の1億2,000万ドルの損失からわずかに改善しています。

また、ペロトン・インタラクティブ(NASDAQ:PTON)は、アファームにとって最大の顧客です。

同社からの売上は直近の四半期の売上高の30%を占めており、依存していることには注意が必要です。

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Danny Venaは、ペイパル・ホールディングス株を保有しています。元記事の筆者Danny Venaは、ペイパル・ホールディングス株に関するオプションを保有しています(2022年1月の75ドルのロング・コール)。モトリーフール米国本社は、ペイパル・ホールディングス株、ペロトン・インタラクティブ株を保有し、推奨しています。モトリーフール社は、ペイパル・ホールディングス株に関するオプションを保有しています(2022年1月の75ドルのロング・コール)。

最新記事