The Motley Fool

【米国株動向】スラックの株価は2020年に88%急上昇

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、202114日投稿記事より

スラック・テクノロジーズ(NYSE:WORK)株のパフォーマンスは、2020年に急上昇した株式市場のパフォーマンスを上回りました。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスが提供したデータによると、スラックの株価は2020年にS&P 500が記録した16%増と比較して88%急増しました。

スラック株は年間を通してほとんどの期間、株式市場をリードし続けましたが、特に力強く2020年を終えました。

これは、2月と3月の新型コロナウイルス感染拡大直後に始まった世界的な労働習慣の変化によって引き起こされました。

投資家は、在宅勤務への移行がメッセージングプラットフォームに利益をもたらすと確信しています。

12月初旬のスラックは、売上高の急増、キャッシュフローの増加、損失の減少を発表しました。

2020年の最初の3四半期を通じて売上高は4億4,800万ドルから6億5,200万ドルに急増しました。

CEOのスチュワート・バターフィールドは、パンデミックが結果を引き上げたことを認めていますが、スラック製品の勢いがビジネスをさらに押し上げていると述べました。

CFOのアレン・シムは、「全体的な購買環境のトレンドは改善しており、大企業は引き続きスラックの利用を標準化させています」と述べています。

スラックは、12月初旬にソフトウェア大手のセールスフォース(NYSE:CRM)が約280億ドルで買収されることに合意したことを発表しています。

この大規模な買収取引にはセールスフォース株の取引が含まれているため、スラックの株価は2021年半ばに取引が完了するまでセールスフォースの株価に応じて変動します。

【米国株動向】セールスフォースがスラックに277億ドルのオファー。「未来のための仕事のオペレーティングシステム」を構築

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。記事の筆者Demitri Kalogeropoulosは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、スラック・テクノロジーズ株、セールスフォース・ドットコム株を保有し、推奨しています。

最新記事