The Motley Fool

【米国株動向】2021年にフェイスブックの株価を押し上げる可能性のある3つの材料

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、20201222日投稿記事より

フェイスブック(NASDAQ:FB)は、2020年に最もマイナス材料の多かったハイテク銘柄の1つです。

その原因は、同社が様々なグループによるヘイトスピーチ、暴力を扱うコンテンツ、偽ニュースの拡散を止められなかったためで、結果的に広告主によるボイコットを引き起こしました。

最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグ氏が議会証言で批判された後、連邦取引委員会(FTC)と46州の司法長官は最近、競争阻害的な慣行を理由にフェイスブックを訴追しており、子会社の売却を余儀なくされる可能性があります。

また、アップルの最新版のiOSは、フェイスブックや他の広告主によるユーザーデータの蓄積をより困難にする可能性があります。

ところが同社の業績は、以上のような逆風と、新型コロナウイルス・パンデミックによる広告売上高の伸びの鈍化に直面する中で、好調に推移しました。

2020年1₋9月期の売上高は前年比17%増、純利益は同61%増となり、株価はこの1年間で33%上昇しています(本稿執筆時点)。

アナリストは、2020年通期の増収率と増益率をそれぞれ19%、45%と予想し、2021年についてそれぞれ24%、12%と予想しています。

予想株価収益率(PER)が25倍にすぎない企業の割に業績の伸びは堅調と言えます(執筆時点)。

同社は短期的には依然として多くの課題に直面していますが、2021年に株価を押し上げる可能性のある3つの大きな材料を投資家は見落とすべきでありません。

1. 広告売上高の伸びが加速すると予想される

フェイスブックは、米国を含む多くの国のデジタル広告市場でアルファベット(NASDAQ:GOOG)(NASDAQ:GOOGL)傘下のグーグルに次ぐシェアを持っています。

こうした2社寡占下では、アプリ・ファミリー(Facebook、Messenger、Instagram、WhatsApp)の月間アクティブユーザー数が32億人を超えるフェイスブックの存在を広告主が無視するのは困難です。

こうしたユーザー数の多さを背景に、今年初めの広告ボイコットは一過性の象徴的現象に終わり、パンデミック下での広告支出の減速を難なく乗り切りました。

実際、2020年1₋9月期の広告収入における前年同期比増収率を見ると、フェイスブックは16%と、グーグルの4%を上回りました。

以上のことを踏まえると、パンデミックが収束し、広告主の財布のひもが緩むにつれて、フェイスブックの広告売上高の伸びは2021年には加速すると考えられます。

ウォール街の売上高予想は既にそうした回復を反映したものとなっています。

2. Instagramの情報開示が新たな可能性を開く

フェイスブックで最も急成長している事業はInstagramと思われますが、定かではありません。同社は同プラットフォームの成長指標を定期的に開示していないからです。

同サービスの月間アクティブユーザー数は2016年から2018年の間に5億人から10億人超へ倍増したものの、それ以降はデータが更新されていません。

ブルームバーグによると、Instagramは2019年に200億ドルの広告収入を生み出しました。

これはフェイスブックの売上高全体の28%に相当し、グーグルのYouTube部門の昨年の広告収入(151億ドル)を上回ると思われます。

フェイスブックがInstagramの成長指標を開示すれば、強気派の投資家をより多く引き付ける可能性があります。

また、ソーシャル電子商取引プラットフォームとしてのInstagramの成長の可能性や、ゼネレーションZ指向の競合相手である動画投稿サイトTikTok(ティックトック)や写真共有サイトのSnapchat(スナップチャット)への対抗策を投資家に示すこともできます。

こうした情報開示により、フェイスブックが新規株式公開(IPO)を通じてInstagramをスピンオフする道を開く可能性もあります。

スピンオフは規制当局をなだめ、フェイスブックの株主にInstagramの株式を与えると同時に、独立企業としてのInstagramの成長の可能性を引き出すかもしれません。

3. バーチャルリアリティ市場の成長軌道に乗る

フェイスブックの売上高の99%近くが依然として広告収入ですが、傘下のOculus(オキュラス)が開発・製造する仮想現実(VR)ヘッドセットの販売が好調なおかげで、「その他」の事業が徐々に成長しています。

PCや携帯電話を必要としないOculus Questは好評で、スタンドアロン型ヘッドセット市場を牽引しました。

調査会社のスーパーデータによると、Oculus Questの2019年の出荷台数は70万5,000台にとどまりましたが、2020年7月の日本経済新聞の報道によると、フェイスブックは2020年の生産台数を最大で前年比50%引き上げ、出荷台数目標を200万台としました。

こうした目標引き上げは、同社のVRゲームとコンテンツのエコシステムの成長がユーザーを引き付けていることを示しています。

同社は2020年5月、Quest向けVRコンテンツの過去1年間の売上高が1億ドルを突破したと発表しました。

これは、Quest所有者当たりのコンテンツ購入額が140ドルを超えたことを示唆しています。

VR関連の売上高は同社の売上高全体から見れば微々たるものですが、その急成長ぶりは、将来的にソーシャルネットワーキングユーザーを相互に結びつける可能性のあるVRプラットフォームの基盤が徐々に出来上がっていることを示唆しています。

調査会社リサーチ・アンド・マーケッツによると、世界の拡張現実(AR)およびVR市場は2020年から2030年の間に年率42.9%のペースで拡大する可能性があり、フェイスブックはこうした長期的トレンドから利益を得る態勢にあります。

まとめ

筆者はフェイスブックの株式をすぐに売却するつもりはありません。

同社は批評家の格好のサンドバッグとなっていますが、中核事業は強靭であり、2020年の過酷な景気下降局面を通じて底堅さを維持しました。

2021年は新たな材料によって株価が高値を更新する可能性があります。

【米国株動向】アップルのアップデートがフェイスブックに打撃を与え、トレードデスクには与えない理由

フリーレポート配信

短期的にはボラティリティが高い傾向がありますが、グロース株投資は長期の資産形成に最も寄与するといっていいでしょう。そういった成長株として注目できる5銘柄紹介します。

長期成長株投資で注目の米国株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アルファベットのエグゼクティブであるSuzanne Freyは、モトリーフール社の取締役会メンバーです。Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Leo Sunは、アップル株、フェイスブック株、スナップ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アルファベット(A株)、アルファベット(C株)、アップル株、フェイスブック株を保有し、推奨しています。
最新記事