The Motley Fool

【米国株動向】中国規制当局が独占行為の疑いでアリババの調査を開始

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2020年12月24日投稿記事より

ビジネス基準と規制を設定する機関である中国規制当局は、アリババ・グループ・ホールディングス(NYSE:BABA)とそのデジタルファイナンス子会社であるアント・グループに対して、独占行為の疑いで調査を開始しました。

中国規制当局は、これを発表する簡潔な声明をウェブサイトに掲載しました。

そこには、「報告に基づいて、中国の国家市場監督管理総局は、最近、アリババ・グループ・ホールディングスが選択を強要するような独占的行為の疑いがあることによって調査を提出した」と記載されています。

「選択を強要すること」とは、アリババを活用する企業に対して、アリババのサイトのみを利用することを強制し、JD.comやPinduoduoなどの競合プラットフォームで商品を販売することを禁じることを指します。

アリババは声明の中で、「規制当局の調査に関して、積極的に協力する」と述べています。

同時に、中国の規制当局と銀行監視グループは、厳しくなる金融規制の順守について話し合うために、アント・グループの経営陣を公聴会に招集しました。

アント・グループは、公式WeChatアカウントの投稿で、政府の命令を検討しており、すべての要件に準拠すると述べています。

この件以外にも、2020年にアリババは北京から大きな圧力を受けています。

同社の子会社であるアント・グループは、創設者であるジャック・マーが中国規制当局に批判的な発言をした後、新規公開株式(IPO)の数日前に、IPOを唐突に中止しました。

また、アリババは12月初めに中小企業の買収に関して政府の承認を得られなかったとして、独占禁止法規制当局から罰金を科されています。

一部の人はこれらの動きがアリババが北京から公的に非難されていると見なし、むしろアリババの影響力が高まっていることの裏付けだと見ています。

規制当局の調査は、独占禁止法の脅威とより厳しい規制と相まって、アリババとその投資家に今後大きな影響を与える可能性があるでしょう。

【注目株決算】アリババ・グループの最新決算情報と今後の株価の推移

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Danny Venaは、JD.com株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アリババ・グループ・ホールディングス株、JD.com株を保有し、推奨しています。

最新記事