The Motley Fool

長期投資に適したヘルスケア銘柄「アボット・ラボラトリーズ」

出典:Getty Images

新型コロナウイルスのパンデミックの状況下で、世界の実体経済はかなり落ち込んでいます。

大手製薬企業はコロナワクチンの開発を迅速に行い、今月から提供が開始されました。

これにより急速にパンデミックが収まることが期待されますが、ワクチンだけでは解決できません。

政治による感染対策もまだ重要であるため、特に米国のバイデン政権のコロナ対策や米国社会のそれに対する反応を注視しておく必要があります。

このような状況下で注目するべき分野として、ヘルスケアが挙げられます。

ヘルスケアには、製薬、医療機器、診断などが含まれます。

各国政府は、医療に関する技術開発やサービスの重要性に気づき、ヘルスケア分野への投資額が増加する方向性が強まっています。

また、多くの人々は健康や医療に関する意識が高まっている可能性があります。

これらの点から、今回のパンデミックを契機にヘルスケアの分野は大きく成長していくでしょう。

したがって、特に長期の株投資家とって、ヘルケア分野に投資していく価値は十分あるでしょう。

今回の記事では、世界のヘルスケア分野で上位にランクされている、米国の大手ヘルスケア企業であるアボット・ラボラトリーズ(NYSE:ABT)について解説していきます。

結論として、この銘柄の長期的な成長はかなり期待できそうです。

ちなみに、アボット・ラボラトリーズはS&P500の構成銘柄の一つです。

アボット・ラボラトリーズのパンデミックへの対応

新型コロナウイルスのパンデミックの状況を受けて、同社はコロナワクチンやコロナ治療薬の開発を行うのではなく、新型コロナウイルス(COVID-19)を検出するための様々な医療検査機器や検査キットを開発しました。

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の検査に関する売り上げは、15億ドル(Q3では8.8億ドル)となっています。

すでにコロナワクチンの提供が始まっていますが、普及までにやや時間がかかることや、まだコロナ感染者が増加していることなどを考えれば、同社の新型コロナウイルス(COVID-19)の検査関連の売り上げはまだ伸びていくでしょう。

グローバル大手ヘルスケア企業アボット・ラボラトリーズとは

アボット・ラボラトリーズは米国の大手老舗ヘルスケア企業であり、約130年の歴史があります。

興味深いのは、売り上げの約60%は米国以外の市場から得ているという点です。

主な事業は、医療機器や栄養関連の製品、製薬、糖尿病ケア製品などで、売り上げの多くを占めているのは医療機器部門です。

どの部門でも業界ナンバー1となっているようです。

事業については、次の項目でもう少し詳しく解説します。

売り上げで見た世界のバイオメディカル企業のランキングでは、同社は11位にランクされています。

また、格付け会社であるムーディーズおよびスタンダード&プアーズ(S&P)から、各々A3およびBBB+の高い評価を得ています。

アボット・ラボラトリーズの業績は好調

2020年11月4日に発表された第3四半期(Q3)の決算報告書によれば、同社の業績は好調でした。

トータルの売上高は前年同期比で9.6%増加しました(2020年Q3: 88.5億ドル、2019年Q3: 80.7億ドル)。

営業利益も増加し、24.7%増となりました(2020年Q3: 14.9億ドル、2019年Q3: 11.9億ドル)。

売り上げ増加に伴うコスト削減により、好調な結果となりました。

以下では、部門ごとに解説していきます。

ほとんどの部門で売り上げが増加しました。

製薬部門

インフルエンザワクチン、呼吸疾患や心疾患などの治療薬の開発や提供を行っています。

ただし、新興国のみへの提供です。

前年同期比で売上高は9%減少しました(2020年Q3: 10.9億ドル、2019年Q3: 12.1億ドル)。

栄養部門

様々な栄養ドリンクや栄養サプリメントなどの製造や販売を行っています。

ターゲットは子供や大人、スポーツを行っている人々です。

前年同期比で売上高は2.6%増加しました(2020年Q3: 19.2億ドル、2019年Q3: 18.7億ドル)。

診断部門

迅速な診断や分子診断などのソリューションを提供しています。

この部門については、米国市場での売り上げが最も多く占めています。

前年同期比で売上高は38.3%増加しました(2020年Q3: 26.4億ドル、2019年Q3: 19億ドル)。

医療機器部門

心臓のモニターやスクリーニング、糖尿病疾患の血糖値モニタリングのための医療機器の製造や販売を行っています。

前年同期比で売上高は3.4%増加しました(2020年Q3: 31.7億ドル、2019年Q3: 30.6億ドル)。

長期的に期待できるアボット・ラボラトリーズ

アボット・ラボラトリーズやその最新業績について解説しました。

後述したように、パンデミックの状況下でヘルスケアへの投資や関心が高まり、同社の売り上げはさらに伸びていく可能性があります。

加えて、注目するべき点は、同社は米国以外の市場で大きな売り上げを得ている点です。

これには新興国が含まれます。

高齢化はほとんどの先進国で見られていますが、後進国ではまだこれからです。

長期的には新興国を含めた後進国も急速に高齢化が進みます。

さらに、国内の社会的分断などによる強大な米国経済の長期的な衰退に伴う、世界経済の多極化の可能性も考慮に入れれば、後進国にもビジネス展開をしている同社のビジネスは有利になってくるのではないかと思います。

このことから、アボット・ラボラトリーズは、長期投資に向いていると言えます。

購入するのであれば、今の株式市場のバブルが弾けた時がいいタイミングでしょう。

フリーレポート配信

2021年に株価が倍になるようなポテンシャルの高い成長株を4つご紹介します。これらは、短期的なリスクは高いものの長期的に大きなリターンを目指す個人投資家向けの成長株です。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

まだ日本では知名度が低いが2021年注目の米国成長株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、小田茂和は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事