The Motley Fool

2021年に向けて注目したい、クリーン・エネルギー関連株

出典:Getty Images

バイデン新政権の誕生を控え、米新政権が打ち出す予定の積極的な環境政策に、世界中が注目しています。

米新政権は、トランプ政権が離脱した「パリ協定」にも来年1月に復帰する予定です。

これから国際社会の脱炭素の流れが加速することで、各企業も対応を迫られる事になると予想されます。

そんな中、代替エネルギーの分野に注目が集まるのは、もはや必然的とも言えるでしょう。

世界中で新型コロナウイルスのパンデミックが起きている中、ワクチンの明るいニュースをきっかけに、代替エネルギー分野の銘柄は注目されました。

株式市場において、このような強い動きの下支えとなっているのは、コロナ禍のステイホームで今年からマーケットに参加してきた若い世代だとも言われています。

ファンダメンタルなどを無視して、強気で買いに行く新規投資家の投資マネーがクリーン・エネルギー分野など、今後の成長がイメージしやすい分野に集中しているのです。

また、若い世代の方が気候変動の問題に関心が高いというデータもあります。

若い世代の人達が、自分たちが暮らしていく将来の社会に対して、懸念と関心を持っていると言う事です。

別の観点からは、機関投資家と個人投資家の両方が「再生可能エネルギーへ投資することは、道徳的に正しいことをしている」と感じているというデータもあります。

投資をして利益を得る事以外にも、投資家自身が社会に貢献することへの価値を見出している様です。

クリーン・エネルギーの中には、再生可能エネルギーも含まれます。

代表的なものでは、水力、風力、太陽光、地熱発電などがあります。

中でも最も成長している分野は、太陽光発電と風力発電の分野です。

太陽光エネルギーは、家や様々な建物、またラジオなどの電化製品にも電気を供給することが可能な為、需要が多く見込めます。

また他の分野と比べると低コストということもあり、太陽光・風力発電は安価な新エネルギー源となっているのです。

政策の恩恵を受ける企業

ジョー・バイデン氏が大統領選挙にて勝利したという報道が出た日に、下記の太陽光発電関連銘柄は、12~26%上昇しました。

バイデン新政権誕生が、いわゆる「カタリスト:相場を動かす材料」となったのです。

また、このような太陽光発電関連銘柄が注目されている時には、ソーラーパネルを製造している企業に注目するのも良い選択です。

ソーラーパネルを製造している企業は、下記が挙げられます。

  • ファースト・ソーラー(NASDAQ:FSLR):ソーラーパネルとシステムの大手メーカー
  • サンパワー(NASDAQ:SPWR):製造・インストールに携わる関連企業
  • サンラン(NASDAQ:RUN):製造・インストールに携わる関連企業

他には風力や太陽光発電で発電した電力を販売するネクステラ・エナジー(NYSE:NEE)や、風力、太陽光発電に特化したテラフォームパワー(NASDAQ:TERP)も注目されています。

ETFを活用するという選択肢

ETFの中には特定の業種だけに投資することがセクターETFというものがあります。

セクターローテーションとは?景気の波に合わせた投資を行う「セクターETF」について

これを活用すれば、クリーン・エネルギーだけに的を絞った投資が可能となります。

以下は注目すべきセクターETFです。

  • インベスコ・グローバル・クリーン・エネルギー・ポートフォリオ
  • インベスコ・ソーラーETF
  • インベスコ・ワイルダーヒル・クリーン・エネルギーETF
  • i シェアーズグローバル・クリーンエネルギーETF
  • ACESクリーン・エネジーETF
  • ベンエックべクター・ローカーボン・エネルギーETF

日本を含め、世界市場で再生エネルギーなどのクリーンエネルギーの分野は注目されています。

この背景には、バイデン新政権誕生という大きな期待があります。

バイデン氏は「クリーン・リカバリー」という経済再生計画を打ち出し、2035年までに発電分野の脱炭素(実質ゼロ)、環境インフラへ2兆ドルの大規模投資、また5年間で5億枚分の太陽光パネルを設置するなどの方針を明らかにしており、環境問題に対し大きく前進していく予定です。

またバイデン新政権は環境インフラへの投資先として、太陽エネルギー、バッテリー技術、再生可能エネルギー、電気自動車開発などを支援していく意向も示しています。

今後、世界的な流れが「脱炭素」に向かうのは必然であり、この動きから恩恵を受ける企業も多く出てくると考えられます。

恩恵を受けると考えられる企業の子会社や、各パーツの製造元、またその企業に関わる企業の成長も見込めます。

また、EVの分野、水素事業、燃料電池、バイオディーゼルなどの環境関連企業は、私たちが想像する以上に多く存在しています。

これらの技術を持つ日本企業も多く存在し、高い技術を持つ日本の企業が、再び世界から注目される時代もそう遠くはない気がします。

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事の作者、コージンスキ祐華は、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事