The Motley Fool

【米国株動向】ウォーレン・バフェットがガーミン株を好きだと考えられる理由

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、20201126日投稿記事より

ウォーレン・バフェットが経営するバークシャー・ハサウェイは多くの点で非常にユニークです。

バークシャー・ハサウェイは現金を生み出し、長期的に成長する企業によるコングロマリットなのです。

膨大なキャッシュフローを生み出し、無借金のバランスシートを持ち、素晴らしい配当を支払う会社として、アウトドア用品メーカーであるガーミン(NASDAQ:GRMN)が挙げられます。

ガーミンの最初の成功は、GPSシステムが最初に普及したときのカー・ナビゲーション・デバイスです。

同社は優れたテクノロジーにより、GPSという新しい仕組みに対する消費者のニーズを完全に捉えたのです。

ビジネスは繁栄している

ガーミンは、新型コロナのパンデミックの影響により、2020年初期に成長が一時停滞しましたが、その後急速に回復しました。

同社の製品は、ボート乗り、パイロット、ハンター、屋外スポーツの愛好家に人気です。

フィットネス、アウトドア、マリンスポーツ、航空の4つの成長セグメントが、総売上高の90%近くを占めています。

多くの人は、ガーミンという名前を聞いたときに古い自動車用のカーナビを想像します。

しかし、他のセグメントが繁栄するにつれて、カーナビのセグメントは縮小しています。

2019年の主要セグメントの前年比売上高の伸びは、以下の通りです。

・フィットネス、22%

・アウトドア、13%

・マリンスポーツ、15%

・航空、22%

ガーミンの成長が続くと信じられる理由はいくつかあります。

ガーミンは素晴らしい買収を行ってきました。

そして、研究開発費は四半期ごとに2桁台前半で増加し、最近では18%増となっています。

現金好きのバフェット

事業からのフリーキャッシュフロー、株主への配当金、バランスシートの多額の現金など、バフェットは現金が大好きです。

ガーミンはこれらすべてが揃っています。

最近報告された第3四半期に、同社は四半期配当をカバーするために必要な2倍のフリーキャッシュフローを生み出しました。

配当利回りは約2%となっています。

ガーミンは第3四半期末時点で約27億ドルの現金と有価証券を保有しており、バランスシートの負債はゼロでした。

これらはバフェットが愛すべき数字であり、この強力なバランスシートは、会社がその他の事業に投資するのにも役立ちます。

10年以上前、ガーミンの経営陣は多くの海外代理店を買収する戦略を実行し、ヨーロッパ、南アメリカ、そして南アフリカの多くの企業を買収しました。

ディストリビューターを企業の傘下に置くことで販売網を強化し、世界市場シェアの拡大に成功したのです。

最近では2019年4月にインドアサイクリングメーカーであるTacxの買収を行いました。

4月の第1四半期のカンファレンスコールで、顧客需要に応えるために、2020年にTacxの新工場を建設するための設備投資資金を確保したと述べています。

トレンドの後押し

ペロトン・インタラクティブの爆発的な人気を見てもわかるように、インドアサイクリングが人気となっています。

そのため、Tacxの買収は非常にタイムリーなものです。

それに加え、新型コロナのパンデミックによって、密にならずに楽しめるアウトドアレジャーも非常に人気となっています。

例えば、屋外でのサイクリング、ハイキング、ランニングの人気が高まっています。

ボートメーカーとRV車のメーカーは、好調な売上と受注残を報告しています。

これらの傾向は続く可能性があり、アウトドアをする人々がハイキングやサイクリングをし、ガーミンにさらなる利益をもたらす可能性があります。

同社は最近、RVとキャンプのライフスタイル用に特別に設計したRV 890ナビゲーターも発売しました。

これは、自動車セグメントの成長を後押しするかもしれません。

バフェットのお気に入り

株式を購入する場合も、会社全体を買収する場合も、バフェットは割高で購入することを好みません。

記事執筆時点のガーミンの株価収益率は、22倍をわずかに下回っていますが、極端に割高なものではなく、過去数年で株式が取引されていた範囲内に収まっています。

ビジネスの堅固さ、そして現金生成能力の高さから、ウォーレン・バフェットはガーミンをとても気に入っています。

【米国株動向】ナイキとガーミンの比較

フリーレポート配信

短期的にはボラティリティが高い傾向がありますが、グロース株投資は長期の資産形成に最も寄与するといっていいでしょう。そういった成長株として注目できる5銘柄紹介します。

長期成長株投資で注目の米国株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Howard Smithは、バークシャー・ハサウェイ(B株)、ガーミン株を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)、ペロトン・インタラクティブ株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2021年1月の200ドルのロング・コール、2021年1月の200ドルのショート・プット、2020年12月の210ドルのショート・コール)。

最新記事