The Motley Fool

【米国株動向】FDA諮問委員会がファイザーとバイオエヌテックのワクチンの緊急使用を推奨

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2020年12月10日投稿記事より

アメリカ食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は、10日にファイザー(NYSE:PFE)とバイオエヌテック(NASDAQ:BNTX)の新型コロナウイルスワクチン、「BNT162b2」に緊急使用許可(EUA)を与えるための投票を行いました。

ワクチンおよび関連生物製剤諮問委員会(VRBPAC)は、独立した業界のワクチン専門家で構成されています。

委員会のメンバーは10日、何時間もかけてファイザーとバイオエヌテックのBNT162b2の申請について話し合いました。

焦点となったのは、ワクチンの安全性プロファイルについてです。

最終的に、「科学的証拠に基づいて、ファイザーとバイオエヌテックのワクチンのメリットは、16歳以上の個人が使用するリスクを上回っているか?」どうかの話し合いとなり、そして、その質問に対する答えとして、17対4で「賛成」が多く投票されました。

これらの賛成票は驚くべきことではありません。

FDAは、BNT162b2の有効性と安全性プロファイルをまとめたブリーフィングドキュメントをリリースしており、これらの文書には、ファイザーとバイオエヌテックのワクチンが初回投与後に52.4%の有効性を示したことが明らかにされています。

今後の流れはFDAに託されています。

保健社会福祉省の長官であるアレックス・アザールは、当局が諮問委員会の勧告後「数日以内に」決断を下すと述べました。

世界は引き続き、この流れに注目しています。

【米国株動向】ファイザーは当初計画されていた半分の量のワクチンを出荷予定

フリーレポート配信

新型コロナウイルスの感染再拡大で未だ予断を許さない状況ですが、ワクチン開発で大きな進展が示されるなど、厳しい状況の中にも明るい兆しも見えてきています。2021年にかけて成長ストーリーを持っている5銘柄を紹介します。

2021年注目の5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speightsは、ファイザー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、記事で言及されている株式を保有していません。

最新記事