The Motley Fool

【具体例付きで解説!】不労所得の基礎的知識と種類について

不労所得とは文字通り「得るために労働する必要のない収入」のことです。

存在を知ってしまえば誰もが憧れる不労所得。

「不労所得って本の印税とか不動産経営とかでしょ?一部の才能ある人やお金持ちだけの話だよ」と諦めていませんか?

不労所得にも様々な種類があり、特別な才能を持たない方や忙しいサラリーマンでも手にすることができるものもあります。

今回は不労所得の基礎的知識、不労所得の種類とおすすめについて説明していきます。

少額でも不労所得が得られると生活がぐっと楽になりますので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

不労所得とは?

不労所得とは、労働せずに得られる収入のことを指します。

不労所得の仕組みを作るまでは、労力や知識、時間を費やす必要があるものが多いです。

つまり、不労所得の仕組みを作ってしまえば、「自動的に収入を生み出してくれる自動販売機」を手に入れたことになります。

「不労」という言葉と矛盾していますが、完全放置で収入を生み続ける不労所得というものは存在しません。

定期的なメンテナンスや、小さな労働は必ず発生します。

メンテナンスや小さな労働を怠ると、収入が減ってしまったり、収入が消滅してしまったりしかねません。

とはいえ、一般的な会社勤めや個人事業と比較すると、必要な労力や時間は圧倒的に少ないです。

「月に5~6時間の作業で生活費を稼ぐ」という夢のような生活が可能となります。

詐欺に用いられることもしばしば

不労所得を得ることができれば人生の自由度がぐっと高まります。

生活のためにやりたくない仕事をする必要がなくなり、自分の好きなことに時間やお金を投入することができるからです。

しかし残念ながら、そんな生活を夢見させて悪用する詐欺が横行しているのも事実。

典型的なのが「権利収入で働かずに高収入!」「絶対儲かる!」といった誘い文句で行われる詐欺行為です。

不労所得を得るには仕組みを構築するための労力や知識、時間は必須。

何もせずに不労所得が得られることはありません。

自分の知識や理解を超えた儲け話には乗らないことをおすすめします。

不労所得の種類について説明

不労所得の種類について説明していきます。

「これだ!」と感じるものがあればぜひチャレンジしてみて下さいね。

ブログ・アフィリエイト

ブログ・アフィリエイトとは、「他社の商品やサービスを紹介し、売れたり成約したりした際に仲介手数料をもらう」という仕組みの収入です。

アフィリエイトは扱える商品やサービスが豊富であり、ネットショッピングできるものはほとんどアフィリエイトできるのが特徴。

例えばAmazonや楽天の商品を紹介したり、エステや脱毛サロンの紹介をしたりといったことで収入を得られます。

ブログを作成し、アフィリエイト記事に人が集まる仕組みができてしまえば不労所得となるのが魅力。

ライティングスキルやSEO(検索エンジン最適化)スキルが必要となります。

YouTube広告

「YouTuber」という言葉が一般に浸透し、ここ数年で注目を集めている不労所得がYouTube広告。

YouTubeの動画を見ていると再生される広告に対して、動画投稿者に広告料が支払われるという仕組みです。

ブログ・アフィリエイト同様に動画に人が集まる仕組みを作ってしまえば不労所得となります。

必ずしも有名YouTuberのように顔出ししなければならないと言うことはなく、動画の内容が面白ければ人を集めることが可能です。

動画編集、マーケティングスキルが必要となります。

資産運用

資産運用とは、自分の持つ資産を効率よく動かして収入を得ていくことです。

「お金がお金を生み出す仕組み」と言い換えることができます。

代表的なのは株式、債券、投資信託、定期預金などです。

金融に関する知識や経験、元手となるお金が必要となりますが、労働量が圧倒的に少なく、少額からでも始められるのがポイント。

NISAやiDeCoといった、税金面で優遇される制度も準備されています。

つみたてNISAとiDeCoはどちらがお得?それぞれの共通点と相違点を解説

短期間では収入を得にくいですが、10年以上の長期での資産運用ができるのであれば不労所得化しやすいです。

太陽光発電

「不労」という意味で最もおすすめなのが太陽光発電。

ソーラーパネルを設置し発生させた電力を売却したお金から、経費を引いたものが収入となる仕組みです。

ソーラーパネル設置の初期費用、設置場所や条件に関する知識が必要ですが、うまく運用が回りだすと全く手がかかりません。

しかし、電力の売買価格は国の政策によって左右され、売買価格が下がってしまえば収入も下がってしまうのがデメリットです。

不動産経営

「不労所得と言えば不動産経営」とイメージされる方も多いのはないでしょうか。

不動産経営は所有している不動産を貸し付けて得たお金から、ローンや経費を差し引いて残ったお金が収入となる仕組みです。

不動産経営も太陽光発電同様に、不労の度合いが高いのが魅力。

基本的に銀行からの融資で元手を作りますので、融資に関する知識や実績が必要となります。

また、詐欺業者が非常に多いのも不動産経営の特徴でもあり、十分な知識と慎重な姿勢がなければ逆に大切なお金を失う結果にもなりかねませんので注意が必要です。

本・楽曲等の印税

本や楽曲は作成し売れるようになるまでの道のりが非常に遠いですが、売れだすと爆発的な不労所得を生み出してくれるのが魅力的です。

また、一度人気商品を生み出すことができれば、次に出す商品も売れやすくなりますので雪だるま式に不労所得を増やすことができます。

オリジナルコンテンツを作り出すことに没頭できる方におすすめです。

まずは資産運用から始めるのがおすすめ!

さまざまな種類の不労所得を紹介しましたが、「これから不労所得を作っていきたい!」という方におすすめなのは資産運用です。

資産運用をおすすめする理由は以下の通り。

  • 少額から始められる(100円から可能)
  • 長期投資をするのであればできるだけ早いうちに始めたほうが良い
  • 忙しく働く方でもできる

少額でも良いので、資産運用で不労所得を実感することで精神的に余裕が生まれます。

精神的な余裕が生まれると、本業の成果も出しやすくなり、より難易度の高い不労所得へのチャレンジも可能となります。

まとめ

今回は不労所得の基礎的知識、不労所得の種類とおすすめについて説明しました。

不労所得が得られるようになると精神的な余裕が生まれ、正のスパイラルに乗ることができ、人生の自由度がぐっと高まります。

ぜひ、「これだ!」と感じるものからチャレンジしてみて下さいね。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事