The Motley Fool

【米国株動向】ロビンフッドは現在IPOを計画中

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、20201118日投稿記事より

初心者向けの株取引アプリであるロビンフッドは、2020年に新規株式公開(IPO)する予定です。

ブルームバーグは「若者に人気のロビンフッドが2021年第1四半期にIPOするかもしれない」と述べました。

2013年に設立されたロビンフッドは、9月に4億6,000万ドルを調達した後、時価総額117億ドルと評価されました。

5月時点で、ロビンフッドには約1,300万人のユーザーがいます。

ロビンフッドは、洗練された使いやすいアプリを提供していることで、投資家の人気を得てきました。

また、無料で株式投資を開始でき、売買手数料がかからず、無料で何らかの株式がプレゼントされます。

証券口座大手が、ロビンフッドの革命に気付くのにそれほど時間はかかりませんでした。

2019年には、チャールズ・シュワブ(NYSE:SCHW)の子会社であるTDアメリトレード証券も売買手数料を廃止しました。

また、ロビンフッドでは投資家が信用買いをし、端数株を購入することを可能にしました。

したがって、投資家が現在1株あたり3,100ドル以上で取引されているアマゾン(NASDAQ:AMZN)株を購入したいと考えていながら、100ドルしか持っていない場合、投資家は1株の約30分の1を購入できます。

しかし、人気が出るまでの道のりはスムーズではありませんでした。

ロビンフッドは、2020年初めに新型コロナウイルスのパンデミックによってもたらされた株式市場の変動の中、投資家からの取引量の増大に圧倒され、1週間で3回のクラッシュに見舞われました。

また、数千のアカウントが10月にハッキングされています。

【米国株動向】11月に注目すべき、ロビンフッド投資家に人気の3銘柄

フリーレポート配信

連続増配を継続する銘柄では株価が割高な水準にあることが多いです。ここではやや割高で、配当利回りが高くなくても、増配も含めた今後の成長性を評価できる銘柄を紹介します。

長期的に連続増配を続ける米国成長株3銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Rich Dupreyは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、チャールズ・シュワブ株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。

最新記事