The Motley Fool

【米国株動向】ウーバー、自動運転会社との提携を検討

モトリーフール米国本社、2020年11月19日投稿記事より

ウーバー・テクノロジーズ(NYSE:UBER)のCEOであるダラ・コスロシャヒは、自動運転部門の売却に関する質問をされた時、ウーバーは自動運転車に関して、他の企業との提携を積極的に行なっていくと述べました。

コスロシャヒは「私たちの見解は、一定期間にわたって他の自動運転車プロバイダーと提携することだ」と発言する一方、提携を組みたい企業や具体的なタイミングに関しての言及は避けました。

ウーバーの自動運転部門は、Advanced Technologies Group(ATG)として知られています。

テックニュースウェブサイト、テッククランチの報告では、ウーバーが自動運転車の新興企業であるオーロラ・イノベーションにこのATGを売却することを話し合っていることが言及されていました。

また、ATGが2020年最初の9か月で3億300万ドルの純損失を出していることについても触れられています。

この事業にはかなりの資金があり、業界の同業であるトヨタや、技術志向のコングロマリットであるソフトバンクグループなどのサードパーティから得た投資は10億ドル以上になります。

コスロシャヒはATGの売却について直接コメントはしておらず、オーロラ・イノベーションもこれに関して発言していません。

【米国株動向】リフトとグラブハブが提携。フードデリバリー市場でウーバーに対抗できるか

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Eric Volkmanは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、ウーバー・テクノロジーズ株を推奨しています。

最新記事