The Motley Fool

知らないと損をする!?主婦がふるさと納税で注意するポイントとは?

あなたは「ふるさと納税」をしたことがありますか。

応援したい自治体に寄付ができるというこの制度。

実は「応援したい!」という気持ちより、節税目的だったり名産品目当てだったりする人が多いのではないでしょうか。

ふるさと納税のサイトを見ると、おいしそうな牛肉や果物、そして地元でしか飲めないお酒などがズラリと並んでいますので、自治体を選ばずについつい「お礼の品から選ぶ」をポチッとしちゃいますよね。

ただ、こんなワクワクするふるさと納税ですが、主婦がふるさと納税をするにはちょっとした注意が必要なのです。

そこで今回は、おいしい名産品が届き節税にもなる「ふるさと納税」について、主婦の目線からいくつか注意するべき点をお伝えしていきます。

知らないと損をしちゃいますよ!

ふるさと納税とは?

すでにご存知の方もおられるかもしれませんが、ふるさと納税について簡単におさらいをしておきましょう。

ふるさと納税とは、地方自治体へ寄付をすることでさまざまなメリットが得られる制度です。

その主なメリットは、

  • 実質2,000円で各地の名産品である「お礼の品」がもらえる
  • 所得税や住民税の還付や控除を受けられる

となっていますが、その他にも自分が生まれた土地以外でも好きな地域を選べたり、寄付をしたお金の使いみちを指定できたりします。

主婦がふるさと納税をする際の注意点

「実質2,000円でいいなら、お礼の品はカニにしよう!」と意気込む気持ちはわかりますが、ちょっと待ってください。

主婦がふるさと納税をするには、いくつか注意しなければならないことがあるのです。

ひとつずつ見ていきましょう。

振込名義は納税者にする

ふるさと納税のメリットは何でしたか? そうです、名産品がもらえるのと同時に、「所得税の還付や住民税の控除が受けられる」でしたね。

しかしこのメリットは、所得があって所得税や住民税を納めている人だけが受けられるメリットなのです。

主婦の方はそもそも所得がなく、所得税や住民税を納めていませんので、還付もなければ控除もありません。

「高いお金を払って高級牛肉をたらふく食べただけ」に終わってしまうのです。

専業主婦だけではなく、扶養控除内で働く主婦も税金を納めていませんので注意が必要です。

では、税金を納めていない主婦は、実質2,000円で名産品をたらふく食べることはできないのでしょうか。

いいえ、実はふるさと納税の振込人名義を、納税者である夫にすれば大丈夫。

ポイントは「納税者」ですので、夫名義でふるさと納税をして高級牛肉をゲットしてください。

控除が重複する場合には注意

ふるさと納税をする人のなかには、「住宅ローン減税を受けているけど、ふるさと納税も併用できるのか」と、不安に思う人もおられるでしょう。

実は、住宅ローン減税を受けていてもふるさと納税の控除を受けることができるのです。

さらには医療費控除との併用も可能です。

ふるさと納税をして所得税や住民税の控除を受けるには、「ワンストップ特例制度」を利用するか、確定申告をする必要があります。

ワンストップ特例制度を利用すると、寄付をした自治体があなたの住んでいる自治体に「○○さんから寄付がありました! 住民税を安くしてください」という情報を送りますので、あなた自身は何もすることがありません。

ただ、ワンストップ特例制度は確定申告をするとその特例は無効になってしまいますので、確定申告が必須の住宅ローン控除初年度の方は注意が必要です。

また、医療費控除を受ける際も確定申告が必要ですから、初年度の住宅ローン控除を受けるときと同じく、ふるさと納税を含めて確定申告をしなければなりません。

また、住宅ローン控除ですでに住民税控除の適用限度に達している場合は、ふるさと納税をすると、受けられる控除枠がないので実質的に損をする場合があります。

住宅ローン返済の初年度、医療費控除を受けるために確定申告をする人は、シミュレーターでどのくらい控除額に影響がでるのかを確認しておきましょう。

参考:ふるさとぷらす(カカクコム)

クレジットカードの名義にも注意

ふるさと納税で高級牛肉やカニなどのおいしそうな名産品を探していると、どうしても寄付金額が高額になりがちです。

そうなると、「クレジットカードで……」ということになりますが、そのクレジットカードの名義人は、ふるさと納税の申込者である夫名義である必要があります。

これは総務省のホームページでも、以下のように注意喚起しています。

所得税や住民税を納めている方が寄附金控除を受けられますので、寄附金控除を受けるためには、その納税者本人がふるさと納税を行う必要があります。また、ふるさと納税を行う名義も本人である必要があります。

出典:総務省

なお、ふるさと納税専用サイト「さとふる」や「ふるさとチョイス」を利用すると、クレジットカードでの支払いが可能です。

高額な支払いをクレジットカードでおこなうと、もらえるポイントが多くなりますので、日々節約をしている主婦にとってはありがたいですよね。

注意点を把握してふるさと納税を開始しよう

ここまでふるさと納税を主婦がおこなうときに注意する点を述べてきました。

  • 振込人名義は「納税者である夫」にする
  • 確定申告が必要な場合(住宅ローンの初年度、医療費控除)は、ワンストップ特例が無効になってしまうため、ふるさと納税も一緒に確定申告が必要
  • クレジットカードで支払う場合は、夫名義のものを使う

繰り返しになりますが、所得のない専業主婦や扶養範囲内で働いている主婦は、そもそも税金を納めていませんので、ふるさと納税のメリットを受けられないどころか、損をしてしまいます。

ふるさと納税をする場合は「夫名義」でするようにしましょう。

まとめ

ふるさと納税は、実質2,000円で各地の名産品を楽しめる制度ですので、ついつい「あれも欲しい、これも欲しい」と欲がでてきます。

主婦がこの制度で損をしないためには今まで述べてきたような注意点を守ることが大切です。

ポイントをしっかりおさえて、ぜひふるさと納税を楽しんでくださいね。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事