MENU

パッシブ運用とは?アクティブ運用・インデックス運用との違いについて解説

出典:Getty Images

「パッシブ運用」と「アクティブ運用」と「インデックス運用」。

これらはそれぞれ、投資信託の運用方法を指す言葉です。

運用方法の違いにより、手数料が変化したり、投資全体のリスクやリターンが増減したりしますので、非常に大切な基準であり見逃すことはできません。

「パッシブ=消極的」、「アクティブ=積極的」という意味であり、パッシブ運用はなんとなくネガティブなイメージを想像しがちです。

さらにいうと、「インデックス=見出し」という意味になりますので、よく意味がわからなくなりますよね。

今回はパッシブ運用のメリット・デメリットにフォーカスしつつ、アクティブ運用やインデックス運用との違いについて説明していきます。

投資信託選びの基準の一つにしていただければ幸いです。

パッシブ運用とは?

パッシブ運用とは、投資信託の運用方法の一つです。

運用の特徴としては、日経平均やTOPIXといった主要な指標をベンチマークし(基準として追いかけること)、市場全体の成長と共にリターンを狙います。

運用方法は投資信託の目論見書に記載さており確認が可能です。

パッシブ運用でリターンを得られる根拠とされているのが、「効率的市場仮説」という考え方です。

効率的市場仮説とは、「市場は常に効率的に動き、金融商品は適切な価格で売買されるはずだ」という説であり、投資収益は市場平均と同じくらいに集約するとされます。

そのためパッシブ運用では、機械的に指標をベンチマークすることでより少ないコストでの資産運用が実現可能です。

パッシブ運用にはインデックスファンドやETFといったものがあり、代表的な銘柄としては「e MAXIS Slimシリーズ(三菱UFJ国際)」や「ダイワ上場投信(大和)」などが挙げられます。

アクティブ運用との違い

指標をベンチマークして運用するパッシブ運用と対照的なのがアクティブ運用です。

アクティブ運用は指標を上回るリターンを得ることを目標に運用されます。

運用するにあたって、腕の良いファンドマネジャーを複数人雇ったり、質の高い情報を集めるために情報量を支払ったりとコストがかかりがちです。

効率的市場仮説を根拠とするパッシブ運用に対し、アクティブ運用では市場には不合理性が存在するという考えを根拠にしています。

過小評価されている企業を見つけ出したり、伸びしろの存在を評価されていない企業に先行投資したりしてリターンを生み出していきます。

投資家目線で考えるとパッシブ運用とアクティブ運用の違いは、以下の点を抑えておくと良いです。

  • 「コストの大きさ(アクティブ運用の方がコストが大きくなりがち)」
  • 「狙えるリターンの大きさ(アクティブ運用の方が大きなリターンを狙えるが、逆にパッシブ運用を下回る場合もある)」

インデックス運用との違い

次はパッシブ運用とインデックス運用の違いですが、両者は非常によく似ておりほぼ同列に扱われています。

ベンチマークする指標のそのままのリターンの実現を目指すパッシブ運用に対し、何らかの指数のリターンを再現するのが目的でありベンチマークされているかは問われません。

しかし、一般的にインデックス運用というとTOPIXなどの主要な指数を使用するため混合されがちです。

インデックス運用もパッシブ運用と同様に、情報収集や銘柄選定に手間がかかりにくいため、信託報酬などのコストを抑えられるのが特徴となっています。

今更聞けない!インデックス投資とは?メリット・注意点を解説

パッシブ運用のメリット

それではパッシブ運用の3つのメリットについて説明していきます。

コストが安い、長期投資で有利

まずなんといってもパッシブ運用のコストの安さは見逃すことはできません。

具体的には、ノーロード(購入手数料無料)で信託報酬が0.1~0.2%前後の商品もあります。

長期投資になればなるほど大きな差になりますので、コストの重要性は高まるものです。

パッシブ運用はアクティブ運用と比較するとパフォーマンスが良い

投資信託の世界では長年、パッシブ運用とアクティブ運用のどちらが優れているかという論争が繰り広げられています。

近年ではパッシブ運用を支持する声が強くなっています。

その根拠は、パッシブ運用よりも高い手数料をとっているにもかかわらず、実際のアクティブ運用のパフォーマンスがパッシブ運用を下回るケースが多いことです。

しかし、投資には波があります。

腕の良いファンドマネジャーがアクティブ運用する投資信託では、上手く波に乗ることで大きなリターンが得られる場合もあるので一概に言うことは難しいでしょう。

バンガードの創始者、ジャック・ボーグルの投資スタイルと残した功績

資産運用をシンプルにすることができる

パッシブ運用は市場平均をベンチマークとしますので、複雑な銘柄選定の必要がなく資産運用をシンプルに進めることができます。

シンプルに資産運用を進めることで、全体のリスクを把握しやすくなりますので資産運用初心者におすすめです。

パッシブ運用のデメリット

次にパッシブ運用の3つのデメリットについても説明していきます。

短期間では結果が出にくい

パッシブ運用は市場平均へ投資をするという特性上、短期間で利益を得ることは難しいです。

むしろ短期間ではマイナスリターンになることも珍しくありません。

あくまで10年以上の長期投資を見据えておくことが必要です。

単調で退屈な資産運用になりがち

パッシブ運用のメリットで「シンプルな資産運用」ということを挙げましたが、裏を返せば単調で退屈になりがちであるとも捉えることができます。

アクティブ運用には良い銘柄に対して先行投資し、成長を楽しめるという魅力がありますが、パッシブ運用にはそれがありません。

資産運用がギャンブルのようになってしまっては本末転倒ですが、基準価格の上下を多少楽しむのも良いのではないでしょうか。

市場全体が低調な場合もある

パッシブ運用は市場平均に投資するため、市場全体が低調な場合はどうしてもリターンが得られにくいものです。

資産運用を開始した時期によってはマイナスリターンの時期が続くことも念頭に置きましょう。

まとめ

今回はパッシブ運用のメリット・デメリットにフォーカスしつつ、アクティブ運用やインデックス運用との違いについて説明しました。

近年は特にパッシブ運用が花盛りで、魅力的な商品も販売されています。

それぞれの運用方法の特徴を把握し、より良い資産運用をするお役に立てれば幸いです。