The Motley Fool

【米国株動向】相場再暴落に備えて要注目の米国株3銘柄

モトリーフール米国本社、2020917日投稿記事より

株式相場が1年の間に2度暴落するというのは、あまり前例の無いことですが、今年はそうなる可能性があります。

2度目の暴落が起きるとすれば、過去のケースと同様、長期投資家にとっては絶好の買いのチャンスとなるはずです。

「相場暴落2.0」に備えて注目しておきたい米国株3銘柄を、以下で紹介します(株価等は執筆時点)。

1. ファストリー

エッジコンピューティング大手のファストリー(NYSE:FSLY)は今年、株価を4倍に上げています。

半面、バリュエーションも株価売上高倍率(PSR)が35倍以上と極めて高くなっているため、株式相場が近々再び暴落するとすれば、株価が大きく崩れる可能性は高いと思われます。

同社は、サーバーとユーザーの物理的距離を縮めるコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を構築しています。

そして、データ処理をクラウドの端(エッジ)、つまり社内ネットワークとクラウドの接続ポイントの近くで行うエッジコンピューティングのサービスプロバイダーとして、アプリやデータの送信速度を高めています。

eコマース、オンラインゲーム、動画ストリーミングの普及に伴い、サービス需要は急拡大しています。

顧客がサービスを導入しやすくすることに注力する同社は、このニッチ市場の中で、最も急速に成長しています。

長期見通しは極めて良好で、株価が大きく下落した場合に購入することを前もって検討しておくべきでしょう。

【米国株動向】ファストリー、サイバーセキュリティを開発するシグナル・サイエンシズの買収を発表

2. インテュイティブ・サージカル

ロボット支援手術システム大手のインテュイティブ・サージカル(NASDAQ:ISRG)は今年前半の相場暴落時に、40%以上の株価急落に見舞われました。

株価はそこから反発に転じ、2倍近くまで上昇していますが、予想PERは53倍を超える水準となっています。

また、この秋コロナ禍が悪化すれば、ロックダウンの時と同じように手術の延期が増えることが予想されます。

この懸念とバリュエーションの高さにより、「相場暴落2.0」が起きた場合に同社の株価が再び急落する可能性は十分にあり得ます。

しかし、長期的に考えると、その値崩れは一時的なものとなるはずです。

既存顧客には、ロボット支援手術システムへの投資からのリターンを最大化させたいという意向が強く働き、これによって同社の売上高の7割以上を占める消耗品の販売は底堅く伸び続けています。

さらに、社会の高齢化と、ロボット支援手術の普及を促す技術革新も、同社の長期的成長を後押しする見込みです。

【米国株動向】3,000ドルの資金があれば、長期的に大きな利益が期待できるグロース銘柄4選

3. バーテックス・ファーマシューティカルズ

バイオ医薬品のバーテックス・ファーマシューティカルズ(NASDAQ:VRTX)は、今後数年にわたり大きく成長することが予想されます。

嚢胞(のうほう)性線維症(CF症)治療薬「カフトリオ」(米国では「トリカフタ」)が、欧州で最近承認されています。

米国におけるトリカフタは新薬ながら、上市後の2四半期で既に同社の最大の稼ぎ頭となっており、カフトリオも競合薬の全く無い欧州での成功が確実視されています。

今年前半と同様に相場暴落とともに株価が急落する公算は大きいとみられますが、コロナ禍によって大きな影響を受けるとは思えません。

開発中の有望な新薬候補も、第二相試験の段階にあるものが複数あります。

その一つが難病α1-アンチトリプシン(AAT)欠乏症の治療薬で、潜在市場の規模はCF症治療薬より大きいとも考えられています。

【米国株動向】景気の減速懸念からマーケットが調整するリスク

フリーレポート配信

今は冷え込んでいるものの、2021年には過熱する可能性がある米国バイオ株5銘柄を紹介します。

2021年に向けて期待の米国バイオ株5銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speightsは、ファストリー株、インテュイティブ・サージカル株、バーテックス・ファーマシューティカルズ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ファストリー株、インテュイティブ・サージカル株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、バーテックス・ファーマシューティカルズ株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、インテュイティブ・サージカル株のオプションを推奨しています(2022年1月の580ドルのロング・コール、2022年1月の660ドルのショート・コール)。
最新記事