The Motley Fool

【米国株動向】ビル・ゲイツ氏が考える、新型コロナウイルスワクチン候補で先頭に立つ企業

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2020917日投稿記事より

ビル・ゲイツ氏は疫学者でもなければ、医学に対する訓練も受けていません。

しかし億万長者の慈善家がワクチンについて意見するのであれば、耳を傾けるべきです。

ゲイツ氏と妻は2000年に、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を設立しました。

以来、この非営利財団は世界中でワクチン開発に多額の投資を行なっています。ゲイツ氏自身は、発展途上国の人々向けのワクチン製造に対して熱心に取り組んでいます。

新型コロナウイルス大流行以来、ゲイツ氏はいち早く、科学的方法によるウイルス感染拡大防止を訴えていました。

財団は即座に新型コロナウイルスワクチン開発や治療、診断テストのための資金提供を開始しました。

CNBCが9月中旬、ゲイツ氏に新型コロナウイルスワクチン開発についてインタビューを行なっています。

インタビューから、同氏はファイザー(NYSE:PFE)がワクチン開発の先頭に立つと見ていることが分かります。

長期的に期待できるコロナワクチンと治療薬を開発しているファイザー

ビル・ゲイツ氏の考え

トランプ大統領は、新型コロナウイルスワクチンを大統領選挙までに準備すると述べていますが、ゲイツ氏はこれに否定的です。

ゲイツ氏はCNBCのインタビューで「米国では、10月終わりまでに承認申請するワクチン候補はないと見られる」と語っています。

しかし少なくとも2〜3の新型コロナウイルスワクチンは、12月か1月までに米国食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可(EUA)を申請するかもしれないと前向きな姿勢をとっています。

その中でリーダーとなるは、ファイザーであるとの見方を示し、「もし全てがスムーズに進めば10月末までにファイザーがEUAを申請するかもしれない」とも述べています。

ファイザーと、そのパートナーのビオンテック(NASDAQ:BNTX)は、ワクチン候補BNT162b2の第2、3相試験を7月27日に開始しています。

先日、両社は治験登録者を3万人から4万4,000人へ拡大することを目指すと発表しています。

どちらも、10月終わりまでに有効性が判断できると前向きな姿勢を崩していません。

この、10月終わりという目標が、ゲイツ氏が同社をワクチン競争のリーダーと見る重要な根拠となっています。

現在、新型コロナウイルスワクチン候補で後期臨床試験段階にあるのは、ファイザーの他にアストラゼネカとモデルナの3社です。アストラゼネカは9月8日に治験を中断しています。

英国では当局より治験再開の許可が降りましたが、米国ではFDAの治験再開許可を待っている状態です(執筆時点)。

一方モデルナはワクチン候補mRNA-1273の第3相臨床試験に、より多様なバックグラウンドを持つ被験者を取り込もうとしており、登録は減速しています。

ファイザー株は有望なのか?

ファイザーは新型コロナウイルスワクチンで、FDAから最初に認可を受ける道を進んでいると思われます。

しかし、同銘柄は投資家にとって有望と言えるでしょうか。

ゲイツ財団が、ファイザー株を有望だと考えていることは明らかです。

同財団は2002年にファイザーに出資し、現在も株式を保有し続けています。

さらに、ワクチン開発でパートナーを組むビオンテックにも出資しています。

無論、ファイザーとビオンテックが新型コロナウイルスワクチン市場を長期にわたって独占することはないと思われます。

他社のワクチンがBNT162b2を超えるシェアを獲得することも十分あり得ます。

しかしファイザーは新型コロナウイルスワクチンに頼りきりというわけではありません。

同社にはすでに乳がん治療薬のイブランスや抗凝血剤のエリキュース、肺炎球菌ワクチンのプレベナー13といったブロックバスターがあります。

さらに新薬パイプラインには、6つの疾患領域に89の候補プログラムを抱えています。

執筆時点でそのうち4つは承認待ちで、23は後期臨床試験段階にあります。

ファイザーは今年、後発品ビジネスを手がけるアップジョン事業とマイランとの統合を完了する予定です。

これで高成長に向けた土台が整います。

さらに、統合後も魅力的な配当を維持するでしょう。

ファイザーに驚異的な成長を期待するべきではありません。

しかし配当と合わせると、市場を上回るリターンをあげる可能性があります。

著者は、ゲイツ氏が同社を新型コロナウイルスワクチン候補開発のリーダーとする見方は正しく、ファイザーは注目すべき銘柄だと考えます。

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Keith Speightsは、ファイザー株を保有しています。モトリーフール米国本社は、マイラン株を推奨しています。
最新記事