The Motley Fool

【米国株動向】12兆ドルの「一生に一度」の投資機会を見逃すべきではありません

モトリーフール米国本社、2020年9月27日投稿記事より

 投資家は、少額を投資した株が爆騰することを夢見ています。

あまり知られていないテクノロジー株式を数株購入した後、その企業が誰もが知る企業に成長し、億万長者になったという話がマーケットに溢れているからです。

それがいつか自分の身にも起きることを、私たちは夢見ています。

ゴールドマンサックスによると、私たちは億万長者になれるチャンスがあるかもしれません。

同社のアナリストは、12兆ドル近くのグリーン水素市場に大きな可能性があると考えています。

グリーン水素とは?

グリーン水素とは、水を電気分解して水素を製造する際、二酸化炭素排出量が40パーセント以下となるものを指します。

水素は、化石燃料の代わりに発電することができます。

それは、原油の完全な代替品となり得ます。

残念ながら、グリーン水素はエネルギーを大量に消費するため、現在は高コスト体質となっています。

しかし、再生可能エネルギー開発のコストが下がるにつれ、グリーン水素はより手頃な選択肢となるはずです。

水素の多様性とコストの低下により、ゴールドマンサックスは水素が大きく成長するだろうと述べています。

たとえば、グリーン水素はヨーロッパ最大の電力消費源になる可能性があります。

今後、アメリカ大陸の電力需要は2倍になる可能性がありますが、それに対応することは十分に可能です。

第1に、再生可能エネルギーの研究開発が進んでいるということです。

第2に、ガスパイプラインや火力発電所などの従来のエネルギー施設がグリーン水素に変換される可能性があるためです。

米国とアジアにおける開発スピードを考えると、2050年までに約12兆ドルものグリーン水素市場が創設されることが予想されます。

そのため、アナリストはグリーン水素を「一生に一度の機会」と呼んでいるのです。

グリーン水素は将来的に大きな存在となります

米国におけるグリーン水素の初期のリーダーは、ネクステラエナジー(NYSE:NEE)です。

スマートベータ型の米国ETFから読み解く、連続増配が期待できる米国株

同社のレベッカ・クワジャCFOは、第2四半期決算のカンファレンスコールで以下のように述べました。

「排出物のない未来を実現するには、画期的な新たな技術が必要であると考えています。私たちは、水素の長期的な可能性に期待しています」

また、彼女は、同社がフロリダの公益事業の1つである水素プロジェクトを受注したことを発表しました。

ネクステラは、太陽エネルギーを使用してグリーン水素を生成し、既存の発電所で消費される天然ガスをグリーン水素に置き換えるプロジェクトに6,500万ドルを投資しています。

同社は小さな会社です。

しかし、グリーン水素には大きな可能性があります。ネクステラは、グリーン水素が化石燃料を排除し、再生可能エネルギーの市場機会を拡大すると確信しています。

同社は、再生可能エネルギー市場は30年間で10倍に成長する可能性があると予想しています。

また、グリーン水素は、運輸および産業部門の電化においても重要な役割を果たすと見ています。

ネクステラは、現在の再生可能エネルギー市場は、現在の19〜24倍に成長すると予想しています。

グリーン水素に明るい未来を見ているもう1つの会社は、プラグパワー(NASDAQ:PLUG)です。

同社は最近、再生可能エネルギーの大手生産者であるブルックフィールド・リニューアブル(NYSE:BEP)(NYSE:BEPC)と契約を結び、最初のグリーン水素施設に100%再生可能エネルギーを供給しました。

【米国株動向】再生可能エネルギーの未来:5年後には最もコストの低いエネルギー源となる見込み

これは、2024年までに水素の50%以上を再生可能エネルギーから調達するという水素燃料電池会社の戦略に対応しています。

グリーン水素は、再生可能エネルギープロジェクトの開発を加速します。

そして、天然ガスパイプラインやガス火力発電所などの従来のエネルギー施設に大きな変化をもたらします。

ゴールドマンサックスによると、水素は既存のガスパイプラインを介して既存の発電所に輸送することができます。

水素エネルギーへの新たな投資機会

再生可能エネルギーのコストが急速に低下しているため、グリーン水素は原油の代替物として躍り出る可能性が高まりました。

投資家は、その大きなチャンスを捉えたいと思っているでしょう。

原油からグリーン水素への転換が成功すれば、莫大な利益を得られる可能性があります。

ネクステラエナジー、プラグパワー、ブルックフィールド・リニューアブルは、グリーン水素の先発者としての地位を考えると、興味深い投資候補と言えると思います。

フリーレポート配信

過去25年以上増配を継続した景気耐性のある配当貴族3銘柄、ファンダメンタルズが良好な配当銘柄2銘柄を紹介します。

欧米での感染再拡大の中、ディフェンシブな配当銘柄5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Matthew DiLalloは、ブルックフィールド・リニューアブル株、ブルックフィールド・リニューアブル・パートナーズ株、ネクステラエナジー株、ネクステラエナジー・パートナーズ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、ネクステラエナジー株を推奨しています。
最新記事