The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】大統領選候補の第1回討論会に注目

【NYダウ予想レンジ:27,300~27,800ドル】

28日のNYダウは続伸。

前日比420.10ドル高の27,584.06ドルで取引を終了しました。

27日に発表された8月の中国工業企業利益が前年同月比19.1%と4カ月連続増加。

中国経済が順調に回復しているとの期待からアジアと欧州の株価が上昇し、米国市場でもリスク選好姿勢が強まりました。

また、ペロシ下院議長が「経済対策についてムニューシン財務長官と協議した」と述べると追加経済対策への期待が高まり、買いが集まったのです。

さらに米規制当局が運行を停止している「737MAX」の試験飛行を予定していると伝わったボーイングが166.08ドルと6.44%上昇し、NYダウを70ドルほど押し上げました。

ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数も3日続伸し、203.97ポイント高の11,117.53で取引を終了。

節目と見られていた50日移動平均線を8営業日ぶりに上回りました。

本日の経済指標では、23時の消費者信頼感指数が注目されるでしょう。

ただ、大統領候補の第1回討論が開催されることや、週末の金曜には9月の米雇用統計が発表されることから、様子見ムードが強まりそうです。

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事