The Motley Fool

環境的に持続可能なアウトドアリビング製品を設計・製造する成長企業「AZEK」

2020年6月第2週、アメリカ株式市場に上場した企業を紹介します。

今回取り上げるのは、6月12日にNYSEに上場した「AZEK Co Inc. (NYSE:AZEK)」です。

AZEKは、急成長しているアウトドアリビング市場にフォーカスした、美しく、メンテナンスが少なく、環境的にも持続可能な製品を設計・製造する業界をリードする企業です。

住宅所有者は屋外スペースへの投資を続けており、環境およびサステナビリティの観点から製品を認識するようになってきています。

参考:会社Webサイトより

サービス紹介

AZEKは業界ではよく知られており、プリンキピア社のデータによると、製品カテゴリーの売上高では市場シェアで上位2位に入っています。

アウトドアリビング製品のパーテーション、ロッカー、ストレージソリューションなど、商業市場で販売されている高い技術力を駆使した製品を幅広く販売しています。

製品は、従来の素材に比べてメンテナンスコストを大幅に削減しながら、非常に魅力的な美観を兼ね備えたアウトドアスペースを実現します。

デッキ、レール、トリム、アクセサリーなどのアウトドアリビング製品の革新的なポートフォリオは、消費者にユニークなライフスタイルのニーズに合わせたアウトドアスペースのデザインを促します。

AZEKは、製品設計から原材料の調達、製造に至るバリューチェーン全体で、中核戦略的柱の一つである持続可能性を中心とした事業プラットフォームを構築しています。

材料にはプラスチック廃棄物、再生木材、スクラップを製品にますます活用しています。

また、最近のReturn Polymersの買収を含むリサイクル能力への大幅な最近の投資も行っており、これは製造事業の持続可能性をさらに高め、コストを削減しています。

2019年度には、AZEKのデッキボードで2億ポンド以上のリサイクル材を利用しており、2020年度にはデッキボードで使用されるリサイクル材の量を25%以上増加させることを見込んでいます。

また、製品に使用されるリサイクル材の量をさらに増やす機会があると考えています。

2019年度には、先進技術を活用した10万平方フィートのリサイクル施設を新たに開設し、幅広いプラスチック廃棄物をAZEK製品に使用される原料に変換しています。

AZEKは、住宅部門と商業部門を通じて、市場に特化した製品ソリューションを提供し、材料の転換を促進しています。

ここ数年は成長をさらに加速させ、収益性を高めるために事業への大規模な投資を行ってきました。

2019年度のAZEKの純売上高は7億9,420万ドル、純損失は2,020万ドル、調整後EBITDAは1億7,960万ドルでした。

今後も新製品の開発を継続し、アウトドアリビングのトップ消費者ブランドを構築し、川下に特化した販売力を活用していく計画です。

参考:会社IRより

成長戦略

AZEKの多面的な成長戦略は、収益性の高いアウトドアリビング市場以上の成長を推進するためのものと考えています。

  • 市場を拡大する革新的な新製品の導入
  • ダウンストリーム投資を活用して市場転換を加速
  • アウトドア・リビングのリーディング・コンシューマー・ブランドを構築
  • リサイクル力の強化と生産性向上によるマージンの拡大
  • AZEKのプラットフォームを広げ、製造業務を強化する戦略的買収を実行

会社基本情報

Proposed Symbol(シンボル) AZEK
Exchange(上場市場) NYSE
Share Price(公募価格) $23.00
Employees(従業員数) 1540 (as of 04/30/2020)
Shares Offered(公募株数) 33,250,000
Offer amount(資金調達額) $764,750,000
CEO Jesse Singh
Fiscal Year End(決算日) 9/30
Shares Outstanding(発行済株式数) 111,043,031

参考:ナスダックIPOページより

財務諸表主要項目抜粋

(千ドル) 2019年9月30日 2018年9月30日
売上高 794,203 681,805
売上原価 541,006 479,769
売上総利益 253,197 202,036
販売費及び一般管理費 183,572 144,688
営業損益 59,054 52,375
純利益 -20,196 6,745
1株当たり当期純損益(基本的及び希薄化) -0.19 0.06
加重平均基本的及び

希薄化発行済株式数

108,162,741 108,162,741
営業CF 94,872 67,302
投資CF -62,935 -335,682
財務CF -8,273 248,742

参考:会社IRより

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事の作者、ゲッコーは、記事内で言及されている銘柄を保有してはいません。記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事