The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】27,000ドル台を回復するかに注目

【NYダウ予想レンジ:26,600~27,100ドル】

24日の NYダウは小幅反発。

前日比52.31ドル高の26,815.44ドルで取引を終了。

主力ハイテク株に買いが入り相場を下支えしました。

しかし追加経済対策の遅れによって米国景気の回復が鈍くなるとの懸念から一時220ドル超下げ、安値26,537.01ドルをつける場面もありました。

ただ、この日発表された米新築住宅販売件数が強い内容となったことから買い戻しが入り、一時330ドル超上昇の27,094.85ドルと、節目の27,000ドル台を回復する場面もあったのです。

ムニューシン財務長官の発言もムードを改善させました。

追加景気対策の妥協案を巡り、民主党のペロシ下院議長との協議を再開する意向を示したからです。

ムニューシン財務長官は、「民主党が話し合う用意があるなら、超党派の法律制定を目指し、いつでも協議する意向」だと述べています。

ただ、欧州で新型コロナウイルスの感染拡大の動きが再び見られており、感染第2波の懸念が大きくなっています。

フランスとイギリスが、過去最多の新規感染者数を発表。世界経済への不安感が高まり、NYダウも戻り売りに押される展開になりました。

本日は21時半の耐久財受注と、22時のウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁の発言に関心が集まるでしょう。

週末を控えていますが、NYダウが27,000ドル台を回復するかに注目しています。

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事