The Motley Fool

【本日のNYダウ見通し】ハイテク株の動きとボラティリティに警戒が必要

【NYダウ予想レンジ:26,400~26,900ドル】

23日のNYダウは反落し、前日比525.05ドル安の26,763.13ドルで取引を終了。

朝方は買いが先行し、高値27,464.46ドルまで上昇しましたが、主力ハイテク株に売りが広がると下げに転じ、取引終了にかけて下げ幅を広げました。

追加の経済対策成立の見通しが立たないほか、欧州で新型コロナウイルスが再び拡大していることを受け、景気敏感株も売られました。

そして、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数も、前日比330.65ポイント安の10,632.99で取引を終了しています。

ナスダック総合株価指数は寄り付きから下げて始まり、下げ幅を拡大する展開。

下げを主導したのはテスラで、10.34%安の380.36ドルで引けました。

テスラはバッテリーデーを前日に開催していて、市場の関心も高まっていました。

テスラのマスクCEOは、これから3年で25,000ドルの自動車を製造し、バッテリーコストを半分にする計画を発表。

しかし、すでに今年急騰している株価に織り込まれていると判断され、材料出尽くし感から売られたのです。

本日はパウエルFRB議長とムニューシン財務長官の議会証言があるほか、新規失業保険申請件数や新築住宅販売件数などの重要指標の発表があるので、値動きの荒い展開になりそうです。

とくにハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、21日の安値10,519.49を下回ると、100日移動平均線(10,343.48)前後までの下落に警戒が必要でしょう。

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資アドバイスではありません。

最新記事