The Motley Fool

【米国株動向】カーニバル株はこれから上昇するでしょうか?

モトリーフール米国本社、2020年9月6日投稿記事より

現在、カーニバル(NYSE:CCL)(NYSE:CUK)のクルーズ船に乗ることはできません。

しかし、カーニバルの株式を買うことはできます。

世界最大のクルーズ会社の株価は、パンデミックの発生以来急落しました。

株価は、年初来65%も下落しています。

しかし、悪いニュースばかりではありません。

イタリアで、クルーズ旅行が再開されました。

このクルーズは地元の人々に限定されており、イタリアの港にしか立ち寄れません。

これは、回復へ向けた最初の重要な第一歩です。

カーニバルは赤字、配当停止、不確実な未来を克服することができるでしょうか。

カーニバル株がこれから上昇する可能性があるかを見ていきたいと思います。

今後の見通し

COVID-19のパンデミックが発生して以来、旅行業界は最も大きなダメージを受けました。

特に、クルーズ会社はアナリストの弱気の見方のせいで大きく下落しました。

カーニバル、ノルウェー・クルーズライン・ホールディングス(NASDAQ:NCLH)、ロイヤル・カリビアン・グループ(NYSE:RCL)の株価は、2020年に最も下落した株式です。

カーニバルの短期的な見通しは、あまりよくありません。

クルーズ旅行は、2020年11月上旬に再開する予定です。しかし、多くのクルーズ船の運航予定は決まっていません。

アナリストは、カーニバル、ノルウェー・クルーズライン、ロイヤル・カリビアンの損失は拡大し続けるとみています。

アナリスト予想では、2022年までカーニバル、ノルウェー・クルーズライン、ロイヤル・カリビアンが黒字化することはありません。

2023年になっても、アナリストは、カーニバルの利益が2019年の3分の1未満になると予想しています。

カーニバルの株価が上昇するには長い時間がかかります。船の一部を売却しているので、会社の規模も小さくなっています。

今年初めにクルーズ船内でパンデミックが発生したことから、顧客の需要が回復するまでにはしばらく時間がかかります。

カーニバルには短期的な支払能力があります。

増資により、100億ドルを超える資金を調達しました。

また、運用コストと設備投資に関して数十億ドルを削減しています。

したがって、流動性は今のところ問題ではありません。

しかし、増資による資金調達は、1株あたり利益に影響を与えます。

ドイツ銀行のアナリストは、昨年の1株あたり利益$ 4.40は、2023年には1株あたりわずか$ 2.88になるだろうと結論付けました。

これらを考えると、カーニバルの復活は相当先になりそうです。

カーニバルが売却した船は老朽化した船です。そして、新しいハイテク船を発注しています。

新型コロナウイルスの発生と経済の失速は、同社にとって大きなダメージを与えました。

しかし、それらは一時的なものです。

カーニバルは、最終的に立ち直るはずです。クルーズ船隊はより効率的になります。

コストも厳重に管理されます。

市場の弱いプレーヤーを排除し、同社が強い価格設定力と大きなシェアを得る可能性もあります。

現在、カーニバルは非常に苦しんでいます。

現時点でカーニバルを推奨することは困難です。ただし、3~5年先の展望は明るいといえます。

今はカーニバル株購入したくないかもしれないかもしれません。

しかし、常にウオッチし、世間の雰囲気が変わったら購入できる準備をしておいてください。

【米国株動向】カーニバルにみられる1つの改善傾向

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Rick Munarrizは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、カーニバル株を推奨しています。

最新記事