The Motley Fool

【米国株動向】エヌビディアがソフトバンクからアームを400億ドルで買収

モトリーフール米国本社、2020年9月14日投稿記事より

 エヌビディア(NASDAQ:NVDA)は、ソフトバンク(OTC:SFTB.Y)からアームを400億ドル相当の現金および株式取引で買収する契約を昨日発表しました。

エヌビディアは、この買収により、同社の調整後の粗利益と1株当たり利益がすぐに増加すると述べています。

これは、同社にとってこれまでで最大の買収であり、昨年初めにメラノックスを69億ドルで購入した金額をはるかに上回っています。

ソフトバンクには、総額215億ドル相当の4,430万株のエヌビディア株式および120億ドルの現金が支払われます。

アームが一定の業績目標を達成した場合、50億ドルのボーナスを支払う規定もあります。

アームは、スマートフォンやタブレットを動かすモバイルチップを設計し、それらをライセンス供与することでその地位を築きました。

そして、エヌビディアが近年支配している分野であるデータセンターやAIアプリケーションにその設計範囲を拡大しています。

エヌビディアのジェン・スン・ファンCEOは、次のように述べています。

「AIは、私たちの時代の最も強力なテクノロジーといえます。

今後数年間で、AIを実行している何兆ものコンピューターが、モノのインターネット化を飛躍的に進めるはずです。

エヌビディアとアームの組み合わせにより、私たちはAI時代に非常に価値のある企業となります」

エヌビディアは、ビデオゲームでリアルな画像をレンダリングするGPU業界のリーダーです。

そして近年、同社はデータセンター、AIアプリケーション、クラウドコンピューティングで使用されるハイパフォーマンスコンピューティングにおける地位も高めており、主要なクラウドプロバイダーにGPUを提供しています。

【米国株動向】エヌビディアのゲームビジネスに3つの追い風

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Danny Venaは、エヌビディア株を保有しています。モトリーフール米国本社は、エヌビディア株を保有し、推奨しています。

最新記事