The Motley Fool

キャピタルゲインとは?得られる代表的な手法やリスクも解説

投資に対してどのような形での結果を求めるかはそれぞれの目指すゴールやステージによっても異なってくるのではないでしょうか?

大きく値上がりを見込んだ商品に投資し、その読みが当たり、売却によって大きな利益を得ることを投資の醍醐味としている方も少なくないかもしれません。

そのような利益の得方をキャピタルゲインと呼びます。

「聞いたことがある」という方も少なくないのではないでしょうか?

この機会に、キャピタルゲインがどのようなものか、どういった形で得ることができるのか、代表的なものは何かといったことからリスクまで、他の概念とも比較しながら見ていきます。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインは、保有している資産を売却することで得られる利益です。

買った時点よりも高い価格がついている株式を売却したり、値上がりした不動産を売却したりすることにより手元に残る利益が、キャピタルゲインです。

インカムゲインとの違い

投資の中で利益を得るためのもう一つの手法がインカムゲインです。

インカムゲインは商品を売却するのではなく、保有しておくことで得られる利益です。

先ほど出てきた株式で言えば、配当、不動産で言えば、家賃収入といった類のものですね。

インカムゲインの方が手間が少なく継続的に得られる確率が高いものではありますが、1回で生み出せる利益の大きさはキャピタルゲインの方が大きい傾向にあります。

キャピタルゲインが得られる主な金融商品

では、実際に具体的にキャピタルゲインが得られる金融商品について代表的なものを見ていきましょう。

なお、以下に挙げる商品の中にはインカムゲインも狙えるものと、キャピタルゲインしか狙えないものがあるので、意識して読み進めてみてください。

株式

株式投資も、キャピタルゲインを得る代表的な金融商品です。

株式をある価格で購入し、値上がりを待った後、その価格以上の株価で売却をして得た「売却益」がキャピタルゲインです。

信用取引を使って空売りを行った場合も同じことを逆から言っているだけで、値下がりによって得た利益をキャピタルゲインとして手元に残せます。

投資信託

投資信託は、ご自身で運用する銘柄を決めるのではなく、プロに運用をお任せする投資商品です。運用が上手くいけば分配金を受け取れるため、そのままであればインカムゲインの要素が強い商品ですが、投資信託は途中で売却することも可能です。

購入した時よりも基準価格(時価)が高い状態で買い手がつけば、キャピタルゲインを得ることも可能です。

不動産投資

家賃収入というインカムゲインを狙う印象の強い不動産ですが、もちろん入手価格よりも、高い金額で売却することができればキャピタルゲインを得ることもできます。

持っている限り家賃収入は発生するので、インカムゲインとキャピタルゲイン、どちらも並行しながら狙える投資であると言えます。

ただし、インカムゲインの要素たる家賃相場と、キャピタルゲインの要素たる不動産価格は必ずしも連動はしないのでどちらをより重視するかは明確にした方が良いです。

FX

2つの通貨間の為替を使ったトレードであるFXも代表的なキャピタルゲインを得る投資です。

実は、現物での「買いポジション」を取ることで、金利の差である「スワップポイント」を受け取るというインカムゲインを得る手法もあります。

FXに参入する多くのプレーヤーは売り、もしくは買いのポジションを取り、それを解消することで収益を得るキャピタルゲインを狙った投資を行っています。

金などの現物資産

金などの「現物」で保有する資産は完全にキャピタルゲインを狙う金融商品です。

保有しておくことそのものは、利息や配当といったお金は一切生みませんので、利益を出すには「買った値段以上の価格で売る」という選択肢のみです。

キャピタルゲインを得る際の注意点

一度の取引で大きな利益を得られる可能性もあるキャピタルゲイン。

投資に対してアグレッシブなスタンスを取れる方は「これぞ投資!」と思われるかもしれません。

ただし、キャピタルゲイン狙いの投資の注意点といったものもいくつかありますので、念頭に置きましょう。

変動性が激しい商品には注意

まず、「大きな利益が得られる可能性がある」ということはそのまま「大きな損失が出る可能性がある」ことを意味します。

とりわけ、変動性の激しい商品はハイリスク、ハイリターンな投資になりがちなので、注意しながら参入する必要があります。

とりわけ、信用取引を使う場合は、さらにリスクが上がるので慎重な判断が求められます。

キャピタルゲインが大きいほど税金も多くなる

もう一つの注意点が、税金に関わる問題です。

日本では投資で利益を確定させると、その金額に応じた納税の義務が発生します。

税率が一律であれば、さほど問題はありませんが、商品によっては、利益が大きければ大きいだけ課税率が上がる「累進課税」のケースも。ある年度の取引で利益を出しすぎると、それだけ課税率、税額が上がることになりかねません。

成長(グロース)株投資はキャピタルゲインを意識した投資法

先ほど株式投資をキャピタルゲイン狙いの投資と書きましたが配当を貰い続けるようなインカムゲイン狙いの投資も、当然ありえます。

どちらが良い、ということではありませんし、どちらか一方しか狙えないということでもありません。

ただし、インカムゲインを目的とするならば、大切にすべきは配当比率と、業績の安定性。

キャピタルゲインを目的とするならば、成長性。方向性が異なります。

成長(グロース)株に投資する場合は会社の成長性に期待し、値上がりを目指すようなキャピタルゲイン狙いの投資になります。(大きく成長する株は配当を出さないケースも往々にあります。)

成長株の探し方とは?注意点と共に見つけ方を解説

まとめ

保有している資産を売却することで得られるキャピタルゲインは、上手く投資を行うことができれば一度の取引で大きな利益を出すことができ、投資の醍醐味と言えるかもしれません。

どういった商品でキャピタルゲインが得られるのかも覚えておきましょう。

ただし、継続的に収入を得るインカムゲインと比較し、一度きりしか利益を得られない上に、損失を出すリスクも高いといったデメリットもあります。

また、同じ年内に大きな利益確定をすると、投資商品によっては累進課税で払う税率が上がるケースもあります。

そういった点に注意しながら投資を行っていくことも求められます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事