The Motley Fool

継続収入が得られるインカムゲインとは?代表的な商品やリスクも解説

「これからの世の中、投資で資産を築くことも必要!」とは分かっていても、何から始めればよいかわからず、止まってしまっている方も多いのではないでしょうか?

大きな損失が出て借金を抱えてしまうのも怖いし、やはり投資など辞めておくべきなのだろうか、と考えている人におススメなのが「インカムゲイン」を狙う投資手法です。

ある程度継続的、自動的に入ってくるインカムゲインを得る形であれば、突然やってくるかもしれない暴落に脅える必要性は低く、売買のタイミングを見極めるためにチャートに張りつくことは求められません。

インカムゲインとは

インカムゲインとは金融商品を保有している中で、商品を売却せずとも継続的かつ、半ば自動的に得られる収入のことです。

具体的には後の項目で代表例を解説しますが、株式の配当や、不動産の家賃収入などがイメージしやすいのではないでしょうか?

キャピタルゲインとの違い

投資で得られる利益として対になる概念として「キャピタルゲイン」が存在します。

インカムゲインが「保有していることで」得られるのに対し、キャピタルゲインは「売却することで」得られる利益です。

詳細はキャピタルゲインの項目で詳しく解説していますが、キャピタルゲインは以下の特徴があります。

  • 一度きりである
  • 能動的な売買が必要である
  • ハイリスクハイリターン

インカムゲインの方が「手離れよく」「継続的な」「安定した」収入の取り方というイメージです。

インカムゲインが得られる主な金融商品

では、具体的にインカムゲインを得られる金融商品の代表例を見ていきましょう。

キャピタルゲインが得られる金融商品と比較してみるとわかりますが、「インカムゲインのみ得られる商品」と「インカムゲインとキャピタルゲインどちらか、または両方」を狙える商品があります。

株式

まず挙げられるのは株式です。

株式というとハイリスクハイリターンで、キャピタルゲインをだけイメージがあるかもしれませんが、それは信用取引でレバレッジをかけすぎたり、値動きが激しい銘柄に手を出した場合です。

株式を長期で保有し、その配当を受け取るという手法をとることでインカムゲイン狙いの投資をすることも可能です。

というよりも、株式投資はそもそも儲かりそうな会社に投資(株を買う)してその収益を株の持ち分に応じて分配するもの。

本来の収益の得方はこちらのインカムゲインといえるかもしれません。

また、直接的に金銭ではありませんが配当と同じく保有していることで受け取ることができる株主優待も考え方によってはインカムゲインといえるかもしれません。

2019年のトップ配当株はどれか?高配当な米国株を紹介

米国株には株主優待はない?その代わり高い配当金で還元する文化がある

投資信託

ご自身で投資対象を選ぶのではなく、プロに運用をお任せする「投資信託」もインカムゲインとして考えることができます。

運用してもらった結果、無事利益が出ていた時、その分配金を受け取るような形を取るため、投資信託を保有中に、半ば自動的に収益を得られる形になります。

不動産投資

不動産投資も、代表的なインカムゲインを得る投資といえるでしょう。

購入した不動産から毎月継続して得られる家賃収入は、典型的なインカムゲインですね。

もちろん、不動産は売買によって大きなお金が動くので、売却した時に利益を得られればキャピタルゲインを狙うこともできます。

両方を狙うことも可能ですが、不動産は購入に際して大きなお金、もしくは高額のローンを組むことが必要になってきますのでどちらをメインで狙うのか軸は持った上で始めることが奨励されます。

定期預金

定期預金により得られる利息も、自動的かつ継続的に得られる収入としてインカムゲインと考えることができます。

とりわけ日本の定期預金はあまりにも利率が低いため、「収入を得ている」というイメージは持ちづらいかもしれません。

しかし、定期預金という投資を行い利息という収入を得る、立派な投資手法です。基本的に元本割れがない分、得られるリターンも僅かなのも当然と言えば当然です。

債券

国が発行する「国際」、企業が発行する「社債」といった債権は、いわば個人が債権の発行元に対してお金を貸し付けるような金融商品です。

満期(貸付の期限)までに売却してしまうこともできますが、保有していればインカムゲインとして利子を受け取ることができます。

インカムゲインを得る際の注意点

自分でそれほど手を動かさず、価格の上下動に一喜一憂しなくても自動的にえられるインカムゲインは魅力的な収入の得方ですが、気を付けなければならないポイントもありますので、いくつか抑えていきましょう。

価格が値下がりしている局面では、トータルで元本割れの恐れがある

まず、投資している商品の内容によってはある程度のインカムゲインを得ていても値下がりによってトータルでは損失が出る恐れがあることも覚えておきましょう。

たとえば、3000万円の不動産を買って、年間100万円の家賃収入が得られるとします。

毎年100万円という家賃収入は魅力的ではありますが、この不動産を5年後にどうしても手放さざるを得なくなったとき、不動産の価格が暴落しており2000万円だとしたらトータルの収支はどうなるでしょうか?

(細かい手数料、税金、金利などは省略して考えると)

インカムゲイン+キャピタルゲイン=100万円×5年+2000万-3000万=-500万

500万円の損失が出ていました。

このように、投資対象そのものが値下がりしていた場合、トータルで考えると損失が出ているケースがありますので、注意が必要です。

配当や分配金は確実に出るものではない

次に、インカムゲインは一見確実な収入に見えますがあくまで可能性が高いだけであって、約束がされているものではないことも注意しなければなりません。

たとえば、株を買った時は業績がよかった会社が赤字に転落した場合、配当など出すことはできませんね。

投資信託も運用成績が芳しくなければ配当はありません。不動産の家賃収入は、空室であれば家賃収入は当然入ってきません。

このように、インカムゲインはあくまでも「特定の条件が満たされている場合」自動的に入ってくる収入であることを念頭に置いておきましょう。

インカムゲインを最大限活かせるのは長期投資

安定性や手にするまでの工数を考えると特にリスクを取りたくない、手堅い運用をしたい投資家にとっては魅力的なインカムゲインですが、確実に得られるという投資商品は多くなく、しかも状況によっては元本割れしてしまいトータルで損をする可能性もあります。

インカムゲインでの収益を最大限生かせるのは長期投資の場面です。あまり短期で売却することを考えずに、長期での配当、利息、家賃収入を得続けることを一番の目的として長期目線で投資対象を選んでみてください。

長い目線で見た時に価値が上がっていくもしくは少なくとも下がらないものという目線で考えると商品も絞られてくるのではないでしょうか?

まとめ

株式や不動産など、投資対象を保有していることにより得られるインカムゲインは、とりわけ長期投資にて「手離れよく」「継続的な」「安定した」収入を求めることができます。

どのような商品から、どのような仕組みでインカムゲインが得られるのかも含めて、改めて投資商品を見てみましょう。

また、対をなす概念であるキャピタルゲインとの違いも理解しておいてください。

一つの商品で「二兎を追う」ことも可能ですが、どちらをメインに考えるかの軸は定めておくのが大切です。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事