The Motley Fool

【米国株動向】スノーフレークのIPO、上場後株価は2倍超に

モトリーフール米国本社、2020年9月16日投稿記事より

クラウドデータウェアハウスのスノーフレークの新規株式公開(IPO)に関心を持った投資家は多く、想定株価はここ1週間で2度も押し上げられました。

スノーフレークは、最初の想定価格を75ドル〜85ドルの範囲で設定しましたが、数日後には100ドル〜110ドルとしています。

その後、公開価格は120ドルにまで上昇し、当初想定していた中間値から50%以上上昇しています。

そして、スノーフレーク株は16日に、ニューヨーク証券取引所でティッカーシンボル「SNOW」で上場し、すぐに株価は2倍以上上昇し、255.45ドルでその日の取引を終えました。

これにより、スノーフレークの時価総額はおよそ330億ドルになり、今年初めに私募で得た124億ドルのバリュエーションのおよそ3倍になりました。

投資家やアナリスト達は、このスノーフレークのIPOに大きな期待を寄せ、また将来性についても明るいだろうと見ているようです。

あるアナリストは、スノーフレークのクラウド中心のアプローチが、より強力なデータウェアハウスを構築し、クラウドリーダーのアマゾン(NASDAQ:AMZN)ウェブサービス(AWS)との競争力が向上するだろうと述べています

また、サンフォードC.バーンスタインのアナリストであるZane Chraneは、「AWSは誰もが認めるクラウド市場のリーダーですが、スノーフレークは過去数年間、エンタープライズ分野で創造的破壊をもたらす新たなベンダーの1つでした」と語っています。

このアナリスト達の評価は、スノーフレークの売上高の急上昇に表れています。

2020年1月31日に終了した会計年度の売上高は、前年比173%増の2億6,500万ドルに急増しました。

この急成長のペースは2020年上期も続き、売上高は133%増の2億4,200万ドルとなりました。

同社はまた、2020年初期に損失を調整し、前年同期の1億7,700万ドルの損失から1億7,100万ドルの損失にまで減少しました。

さらに、セールスフォース(NYSE:CRM)およびウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)によるスノーフレークへの投資も、投資家の関心を惹きつけています。

【米国株動向】バークシャーも注目するIPO、「スノーフレーク」への投資を検討すべき理由

フリーレポート配信

このレポートでは、eコマース、ヘルスケアテックやギグエコノミー等の長期的なメガトレンドにのれそうな米国株5銘柄を紹介します。

長期的なメガトレンドにのる米国株5銘柄紹介」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Danny Venaは、アマゾン株を保有しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株、バークシャー・ハサウェイ(B株)、セールスフォース株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ウーバー・テクノロジーズ株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(アマゾン株の2022年1月の1940ドルのショート・コール、アマゾン株の2022年1月の1920ドルのロング・コール、バークシャー・ハサウェイ(B株)の2021年1月の200ドルのロング・コール、バークシャー・ハサウェイ(B株)の2021年1月の200ドルのショート・プット、バークシャー・ハサウェイ(B株)の2020年9月の200ドルのショート・コール)。

最新記事