The Motley Fool

キャッシュフロー計算書とは?企業のお金の動きを見極める指標の見方を分かりやすく解説

株式投資で銘柄検索をされる際、貸借対照表や損益計算書を確認する方は多いかと思います。

貸借対照表で企業の財務健全性を確認し、損益計算書で業績の好不調を確認し、共に良好であれば投資をしようとするのが一般的です。

しかしこれらを確認するだけで本当に良いのでしょうか。

例えば住宅ローンでマイホームを購入し、収入も平均より多いが、貯金がなく日々の支出が多くギリギリの生活を送っている人の将来は安泰と言えるでしょうか。

この人がもし、何等かの理由で給料が下がることになった場合はどうなるでしょうか。

企業活動も同じです。

財務健全性を維持し、収益力を活用しキャッシュ(お金)を積み上げる経営力が必要です。

それを見極めるためのツールがキャッシュフロー計算書です。

この記事を読んで頂ければ、企業のキャッシュ(お金)の流れと積み上げる経営力を見極めることができるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

財務諸表とは?ファンダメンタルズ分析における見方を解説

貸借対照表とは?企業の健康状態を示す指標の見方を分かりやすく解説

損益計算書とは?企業の経営の成績表を表す指標の見方を解説

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書では、企業のキャッシュ(お金)を得る力を明確にし、経営の実力を把握することができます。

つまり企業がどれだけ収益を得て、どのような投資や借入を行い手元にどれだけのお金を残せたかを知ることができます。

個人で言えば家計簿のようなものとも言えるでしょう。

家計簿では収入から貯蓄、支出などの流れをみえる化し家計の状況を把握するツールです。

お金の流れを把握することが、貯蓄できるかできないかの分かれ道となります。

ファンダメンタルズ分析で抑えておきたいキャッシュフロー計算書のポイント

銘柄分析をする上で貸借対照表と損益計算書だけを確認できれば充分なのでは、と思われるかもしれませんがここに落とし穴があります。

実は貸借対照表や損益計算書の数字と、実際に動いているお金にはズレが生じるのです。

例えば、商品を売って売掛金として計上したけれどもまだ代金を回収していない、ということを考えます。

損益計算書上では売上として計上されますが、現時点ではまだお金を受け取っていません。

つまり貸借対照表や損益計算書だけでは、売上代金などは確認できますがそのお金がいつ入ってくるのかを把握することができません。

営業収益は好調でも、取引先企業の業績悪化で資金が回収できなくなり、それが原因で倒産してしまういわゆる「黒字倒産」にならないためにもキャッシュフロー計算書の確認は重要な作業です。

では、銘柄分析でキャッシュフロー計算書を用いる場合に隅から隅まで細かくチェックする必要があるかというとそうではありません。

見るべきポイントは以下の3つです。

  • 営業活動におけるキャッシュフロー
  • 投資活動におけるキャッシュフロー
  • 財務活動におけるキャッシュフロー

それぞれについて解説していきます。

引用:中小企業庁

【図1】

営業活動におけるキャッシュフロー

営業活動のキャッシュフローは、営業活動(本業)でのキャッシュ(お金)の増減を把握することができます。

この数字がプラスであれば本業が好調で、キャッシュを積み上げていると判断できます。

逆にこの数字がマイナスであれば、現金不足で本業を続けても赤字を出してしまうという赤字体質の企業と言えるでしょう。

特に損益計算書が黒字でも、営業活動のキャッシュフローが赤字の場合は要注意です。

一般的に、営業活動におけるキャッシュフローがプラスの場合は株価の上昇に繋がる可能性があります。

ここで1つ注意点があります。

【図1】を見てください。

「税引前当期純利益」の下に「減価償却費」という勘定項目があるのが確認できると思います。

この減価償却費とはどのような費用なのでしょうか。

例えば、当期に1000万円の設備を購入したとします。

この設備は当期だけで利用するわけでなく、何年も継続して使用するつもりです。

会計上のルールで費用として計上させるには、売上に貢献できたかどうかです。

となれば、今後数年にわたって売上に貢献する費用を当期だけに計上するのは違和感を感じます。

仮に当期だけに費用として1000万円を計上すると、当期の費用が膨らむことになります。

そして、費用の計上がない次期以降は費用が発生しません。

これでは本来の経営状況は把握できません。

そこで1000万円のうち、当期の売上に貢献した費用は200万円、次期も200万円…、

と数年にかけて費用として計上させていきます。

これを減価償却といいます。

減価償却費は営業活動におけるキャッシュフローではプラスに計上します。

ここでまた疑問が生じます。

なぜ、費用が発生しているのにキャッシュフロー計算書ではプラスなのか。

これは減価償却費は直接法と間接法という会計上の仕訳で、間接法を採用しているからです。

間接法では損益計算書とキャッシュフロー計算書の間でズレが生じてしまうため、それを修正します。

つまり1000万円の設備を購入した際、キャッシュ(お金)を支払うのは購入した時点です。

しかし、この費用はまだ売上に貢献していないため費用として計上できません。

減価償却は対象の固定資産を使用した時点で計上させます。

そのため、営業活動におけるキャッシュフローでは税引前当期純利益に減価償却費をプラスして、ズレを修正しているのです。

投資活動におけるキャッシュフロー

投資活動におけるキャッシュフローは、固定資産や有価証券などを取得、または売却した際のキャッシュの増減を把握することができます。

例えば、あるメーカーが増産対応のために新しい工場を取得した場合は考えましょう。

この時、投資活動におけるキャッシュフローはマイナスとなります。

この場合キャッシュ(お金)を使って、さらなる売上を求め積極投資を行っていると判断できます。

一般的に、投資活動におけるキャッシュフローがマイナスの場合は、株価の上昇に繋がる可能性があります。

逆に投資活動におけるキャッシュフローがプラスの場合を考えてみましょう。

この場合は固定資産または有価証券を売却したと伺えます。

となれば、資金繰りに苦労し渋々固定資産や有価証券を売却したと考えることもできます。

特に主力の事業に関わる資産を売却をした場合は要注意です。

稼ぎ頭の資産を売ってまでキャッシュ(お金)を得る理由を調べる必要があります。

財務活動におけるキャッシュフロー

財務活動におけるキャッシュフローは、資金調達、借入金の返済、株式の新規発行、配当金の支払い、自社株買いを行った際のキャッシュの増減を把握することができます。

借入金を返済したり、自社株買いを行った場合キャッシュ(お金)は出ていくため財務活動におけるキャッシュフローはマイナスになります。

一方、新規で資金調達で借入れを行ったり、株式の新規発行した場合はキャッシュ(お金)が入ってくるためキャッシュフローはプラスになります。

一般的に、財務活動におけるキャッシュフローがマイナスの場合は、株価の上昇に繋がる可能性があります。

キャッシュフロー計算書を読み解くことで企業の資金繰りがわかる

一般的に優良企業と言われるためには、

  • 営業活動におけるキャッシュフローがプラス
  • 投資活動におけるキャッシュフローがマイナス
  • 財務活動におけるキャッシュフローがマイナス

このような状態であれば、営業利益が好調でそのキャッシュ(お金)を活用しさらに投資活動に使い借入金の返済も順調に行えていると捉えられます。

逆に要注意企業と言われるのは、

  • 営業活動におけるキャッシュフローがマイナス
  • 投資活動におけるキャッシュフローがプラス
  • 財務活動におけるキャッシュフローがプラス

いわゆる自転車操業といわれる状態です。

営業利益が不調で、会社の資産を売却したり借入金などで赤字を埋めようとしている状態です。

このように、各キャッシュフローがプラスかマイナスでその企業の経営の実力を把握することができます。

まとめ

キャッシュフロー計算書について解説しきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは、

  1. 営業活動のキャッシュフローで本業の稼ぐ力を確認
  2. 投資活動のキャッシュフローで投資の積極性を確認
  3. 財務活動のキャッシュフローで銀行や株主とのやり取りを確認

以上となります。

どれか一つだけでなく、全てを確認することで銘柄検索をすることが大切です。

キャッシュフロー計算書は、企業のキャッシュ(お金)の流れを確認し経営力を把握することができます。

上手なお金の使い方をしている企業こそ、株価の上昇要因となるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。


フリーレポート配信

モトリーフールの日本進出にあたって日本の投資家、また、これから投資を始めたい方に向けて「株式投資にどう臨むか -スペシャルフリーレポート-」を配信しております。

こちらは無料レポートです。ここからアクセスできます。

ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。公式ツイッターアカウント@motleyfooljp公式フェイスブックアカウントをフォローする。

最新記事