The Motley Fool

【米国株動向】3月の市場暴落時にアマゾン株に投資していたとしたら、その後いくらになっているか

モトリーフール米国本社、2020820日投稿記事より

今年1月1日にアマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)の株を購入していれば、これまでに78%値上がりし、10,000ドルの投資で7,800ドルの利益が出ているはずです(執筆時点)。

これは、9カ月間のパフォーマンスとしてはそれほど悪くありませんが、3月の株式市場暴落時にアマゾンに投資していれば、さらに多くの利益を得ていたでしょう。

アマゾンの株価は、コロナ禍の初期の段階でも比較的堅調でした。外出規制で従来型の小売店が閉鎖を余儀なくされたため、eコマース企業が恩恵を受けたためです。

とはいえ、株式市場の急落で、アマゾンの株価は3月16日までに年初来で9%下落しました。

この機を捉えて、アマゾン株を割安な価格で購入していれば、95%という驚くほどの上昇(執筆時点)になり、10,000ドルの投資がほぼ2倍の19,500ドルになっているはずです。

ここで重要なのは、市場のタイミングを完璧にとらえ、お気に入りの銘柄を底値でつかむことではありません。

それは、著名投資家であってもほとんど不可能です。

より重要な教訓は、市場の下落を利用すれば、利益を拡大できるということです。

株式市場の下落は、素晴らしい銘柄を通常よりも有利な価格で購入する機会になることがよくあります。

こうした市場暴落時に投資できる資金をいくらか確保しておけば、長期的にリターンを大幅に拡大できる可能性が高いといえます。

フリーレポート配信

2021年に株価が倍になるようなポテンシャルの高い成長株を4つご紹介します。これらは、短期的なリスクは高いものの長期的に大きなリターンを目指す個人投資家向けの成長株です。こちらからメルアドを登録していただき、レポートをご覧ください。

まだ日本では知名度が低いが2021年注目の米国成長株4銘柄」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

また、公式LINEアカウントの方では、投資初心者向けの情報を発信しています。
友だち追加

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Joe Tenebrusoは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、アマゾン株のオプションを推奨しています(2022年1月の1940ドルのショート・コール、2022年1月の1920ドルのロング・コール)。
最新記事