The Motley Fool

【米国株動向】ウォーレン・バフェットが日本の商社に新しく投資したことが明らかに

モトリーフール米国本社、2020年8月31日投稿記事より

ウォーレン・バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイ(NYSE:BRK.A)(NYSE:BRK.B)は、過去約12か月で日本の大手商社5社の株式をそれぞれ5%超取得したと発表しました。

今回株式を購入したのは、伊藤忠(OTC:ITOC.F)、丸紅(OTC:MARU.Y)、三菱商事(OTC:MBFJ.F)、三井物産(OTC:MITS.Y)、住友商事(OTC:CMTD.F)の5社です。

記事執筆時点の株価では、投資総額は約62.5億ドルと評価されています。

バフェットは長期投資を行うことで知られています。

しかし、最近、バークシャーは保有していた航空会社の全株式と、長年保有していたウェルズ・ファーゴ(NYSE:WFC)株の25%を含む、いくつかの企業の株式を売却していたことを発表しています。

バークシャーは、日本の商社を長期保有するつもりであると述べています。

また、バークシャーは声明で、投資先の取締役会による具体的な承認が与えられない限り、5社の持ち分を9.9%以上に引き上げることはしないと述べています。

バフェットは、「バークシャー・ハサウェイが日本の未来に参加できてうれしい」とコメントし、さらに、商社が世界各地で合弁会社を展開していると述べ、「将来的には相互利益の機会が生まれることを望んでいる」と付け加えました。

日本の大手五大商社は金属、繊維、食品、エネルギーなどの素材を主に扱っています。

バークシャー・ハサウェイのポートフォリオにはこれらの分野の企業が多く含まれており、将来的には相互に有益な仕事が生まれる可能性もあるでしょう。

【米国株動向】バフェットのバークシャー・ハサウェイが第二四半期に行なった、驚くべき取引

フリーレポート配信

5Gサービスの世界市場は今年415億ドルに達し、2021年から2027年の間に年率平均44%の成長率で成長する可能性があります。その成長市場で勝者となるであろう銘柄をご紹介します。

注目の5G関連米国株」はこちらからご覧ください。(メールアドレスの登録が必要です)

また、ツイッターやフェイスブックで最新情報を配信しております。

公式ツイッターアカウント公式フェイスブックアカウントをフォローする。

免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。元記事の筆者Howard Smithは、バンク・オブ・アメリカ株を保有しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)を保有し、推奨しています。モトリーフール米国本社は、ドミニオン株を推奨しています。モトリーフール米国本社は、バークシャー・ハサウェイ(B株)のオプションを保有しています(2021年1月の200ドルのロング・コール、2021年1月の200ドルのショート・プット、2020年9月の200ドルのショート・コール)。

最新記事